わ行

賄賂には誓紙を忘れる わいろには せいしをわすれる
若い時旅を致さねば年寄っての物語が無い わかいときたびをいたさねば としよってのものがたりがない
若い時楽したら年寄って苦する わかいときらくしたら としよってくする
若い時の辛労は買うてもせよ わかいときのしんろうは こうてもせよ
我が上の星は見えぬ わがうえの ほしはみえぬ
我が影は踏まれず わがかげは ふまれず
我が刀で(我が)首を切る わがかたな (わが) くびきる
我が門にて吠えぬ犬無し わがかどにて ほえぬいむなし
若木の下で笠を脱げ わかぎのしたで かさをぬげ
我が口に甘ければ人の口にも甘し わがくちにうまければ ひとのくちにもうまし
我が心石にあらず転ずべからず わがこころいしにあらず てんずべからず
我が子自慢は親の常 わがこじまんは おやのつね
我が事棚の上 わがこと たなのうえ
我が事と下り坂に走らぬ者はない わがことと くだりざかに はしらぬものはない
我が子の悪事は見えぬ わがこの あくじはみえぬ 
若竹笛にならず わかたけ ふえにならず
我が田への水も八分目 わがたへの みずもはちぶめ
我が手で首を絞める わがてで くびをしめる
我が船の順風は人の船の逆風 わがふねのじゅんぷうは ひとのふねのぎゃくふう
我が身に偽りある者が人の誠を疑う わがみにいつわりあるものが ひとのまことをうたがう
我が身の一尺は見えぬ わがみの いっしゃくはみえぬ
我が身の上は見えぬ わがみのうえは みえぬ
我が身の事は人に問え わがみのことは ひとにとえ
我が身を立てんとせばまず人を立てよ わがみをたてんとせば まずひとをたてよ
が身を抓って人の痛さを知れ わがみをつねって ひとのいたさをしれ
我が物食えば竈将軍 わがものくえば かまどしょうぐん
我が物と思えば軽し笠の雪 わがものと おもえばかるし かさのゆき
脇の下から冷や汗がでる わきのしたから ひやあせがでる
わざくれは身の破滅 わざくれは みのはめつ
山葵と浄瑠璃は泣いて誉める わさびとじょうるりは ないてほめる
禍は足るを知らざるより大なるは莫し わざわいは たるをしらざるより だいなるはなし
禍は敵を軽んずるより大なるは莫し わざわいはてきを かろんずるより だいなるはなし
禍は妄りに至らず、福は徒に来たらず わざわいはみだりにいたらず、ふくはいたずらにきたらず
禍も幸いの端となる わざわいもさいわいの はしとなる
わざをする者は必ず黙る わざをするものは かならずだまる
鷲の巣を鼠が狙う わしのすを ねずみがねらう
忘れたと知らぬには手がつかぬ わすれたとしらぬには てがつかぬ
渡りに船を得る わたりに ふねをえる
渡る世間に鬼はない わたるせけんに おにはない
割った茶碗を接いでみる わったちゃわんを ついでみる
笑う顔に矢立たず わらうかおに やたたず
藁打ちは米一升と替えられぬ わらうちは こめいっしょうと かえられぬ
笑う者は測るべからず わらうものは はかるべからず
藁千本あっても柱にならぬ わらせんぼんあっても はしらにならぬ
笑って損した者なし わらって そんしたものなし
藁屋の雨と仏法とは出て聞け わらやのあめと ぶっぽうとは でてきけ
悪い親も良い子を望む わるいおやも よいこをのぞむ
我を非として当う者は吾が師なり われをひとして むかうものは わがしなり
我他人を敬えば他人また我を敬う われたにんをうやまえば たにんまたわれをうやまう
破れ鍋に綴じ蓋 われなべに とじぶた
破れ鍋も三年置けば用に立つ われなべも さんねんおけば ようにたつ
我はして人のぼらけを嫌う われはして ひとのぼらけを きらう
我人に辛ければ人また我に辛し われひとにつらければ ひとまたわれにつらし
和を以て貴しと為す わをもって とうとしとなす
椀作りの欠け椀 わんつくりの かけわん

トップページへ         ことわざの目次へ