な行                           トップページヘ       四字熟語の目次へ

ないじゅう がいこう  内柔外剛
ないじょ の こう 内助之功
ないせい がいだく 内清外濁
ないせい かんしょう 内政干渉
ないて ばしょくを きる 泣斬馬謖
ないへい がいせい 内平外成
ないゆう がいかん 内憂外患
ながれをくみて みなもとをしる 汲流知源
な こうせいに たる 名垂後世
な じつにそわず 名不副実
なして たのまず 為而不恃
なみだをのんで こえをのむ 飲涙呑声
ならい せいとなる 習写性成
な (は) わがみをけがす 名穢我身
なをこのめば はなをう 好名得華
なんかく らんすい 南郭濫吹
なんか の くい 南華之悔
なんぎょう くぎょう 難行苦行
なんこう ふらく 難攻不落
なんせん ほくば 南船北馬
なんびょう きびょう 難病奇病
なんぷう の くん 南風之薫
にくくさりて むしをいだす 肉腐出虫
にくざん ほりん 肉山脯林
にくをもって ありをさる 以肉去蟻
にしゃ たくいつ 二者択一
にじゅう じんかく 二重人格
にそく さんもん 二束三文
にちじょう さはん 日常茶飯
にっしん げっぽ 日進月歩
にて ひなるもの 似而非者
ににん さんきゃく 二人三脚
にゅうきょう じゅうきょう 入郷従郷
にゅうきょう もんきん 入堺問禁
にゅうしゅう いまだかわかず 乳臭未干
にゅうぼく さんぶ 入木三分
にょい ほうじゅ 如意宝珠
にょぜ がもん 如是我聞
にょにん きんせい 女人禁制
にりつ はいはん 二律背反
にろく じ ちゅう 二六時中
にんい ちゅうしゅつ 任意抽出
にんき どんせい 忍気呑声
にんさん ばけしち 人三化七
にんぞく いし 認賊為子
にんど さくろう 認奴作郎
にんの いちじ 忍之一字
ぬすびと こんじょう 盗人根性
ぬすびと じょうご 盗人上戸
ねつがん れいてい 熱願冷諦
ねんこう じょれつ 年功序列
ねんさい の めい 燃犀之明
ねんとう げつび 年頭月尾
ねんびゃく ねんじゅう 年百年中
のうこう こうしょう 能工巧匠
のうは くにの もとたり 農為国本
のちは だっとのごとし 後如脱兎
のどもと しあん 喉元思案
のに せいそうなし 野無青草
のべて つくらず 述而不作
のりとして もってとくをみる 則以観徳

トップページヘ       四字熟語の目次へ