た行

大怨を和すれども必ず余怨有り たいえんを わすれども かならず よえんあり
大魚は小池に棲まず たいぎょは しょうちに すまず
大功を成す者は衆に謀らず たいこうをなすものは しゅうにはからず
太山に登りて天下を小とす たいざんにのぼりて てんかをしょうとす
大事は必ず細より作る だいじは かならず さいよりつくる
大樹の下に美草無し だいじゅのもとに びそうなし
大は小を兼ねるも杓子は耳掻きにならぬ だいはしょうをかねるも しゃくしはみみかきにならぬ
鷹の無い国では雀が鷹をする たかのないくにでは すずめがたかをする
財多ければ身を守るにまどし たからおおければ みをまもるにまどし
戦いて勝つは易く守りて勝つは難し たたかいてかつはやすく まもりてかつはかたし
他人の念仏で極楽参り たにんのねんぶつで ごくらくまいり
他人の飯には骨がある たにんのめしには ほねがある
楽しみは苦しみの種 たのしみは くるしみのたね
頼むと頼まれては犬も木へ上る たのむとたのまれては いぬもきへのぼる
頼めべば鬼も人食わず たのめば おにもひとくわず
足袋は姉を履け、雪駄は妹を履け たびはあねをはけ せったはいもうとをはけ
溜息をすれば親の寿命が縮む ためいきをすれば おやのじゅみょうがちぢむ
便りの無いのは良い便り たよりのないのは よいたより
足るを知る者は富む たるをしるものは とむ
旦那の一気働きは鬼も叶わぬ だんなのいっきばたらきは おにもかなわぬ
知恵有りと雖も勢いに乗ずるに如かず ちえありといえども いきおいにじょうずるにしかず
知恵と力は重荷にならぬ ちえとちからは おもににならぬ
地が傾いて舞が舞われぬ ちがかたむいて まいがまわれぬ
血の筋は七代 ちのすじは しちだい
馳走終わらば油断すな ちそうおわらば ゆだんすな
千曳の岩は動かすとも親には勝たれず ちびきのいわはうごかすとも おやにはかたれず
忠臣は身を先にして君を後にせず ちゅうしんはみをさきにして きみをのちにせず
長鯨の百川を吸えるが如し ちょうげいの ひゃくせんを すえるがごとし
長者の車も借りれば三年 ちょうじゃのくるまも かりればさんねん
長者の万灯より貧者の一灯 ちょうじゃのまんとうより ひんじゃのいっとう
提灯持ち足下暗し ちょうちんもち あしもとくらし
長老になるも 沙弥を経る ちょうろうになるも しゃみをへる
褚の小なるは以って大を懐くべからず ちょのしょうなるは もって だいをいだくべからず
月の前の灯火 つきのまえの ともしび
月雪花は一度に眺められず つきゆきはなは いちどにながめられず
拙く行なうは巧みに言うに勝る つたなくおこなうは たくみにいうにまさる
土仏の水遊び つちぼとけの みずあそび
繫ぐ犬の柱を回る如し つなぐいぬの はしらをめぐるごとし
角ある獣に上歯なし つのあるけものに じょうし(うわば)なし
角あるものは牙なく牙あるものは角なし つのあるものはきばなく きばあるものはつのなし
角を矯めて牛を殺す つのをためて うしをころす
妻の言うに向山も動く つまのいうに むこうやまもうごく
爪で拾って蓑で零す つめでひろって みでこぼす
亭主は達者で留守が良い ていしゅはたっしゃで るすがよい
手加減の独り舌打ち てかげんの ひとりしたうち
敵に後ろを見せる てきに うしろをみせる
鉄は熱いうちに打て てつは あついうちに うて
手八丁口八丁 てはっちょう くちはっちょう
出船に船頭待たず でぶねに せんどう またず
出船に良い風は入り船に悪い でふねによいかぜは いりふねにわるい
寺にも葬式 てらにも そうしき
出る杭は打たれる でるくいは うたれる
天下意の如くならざるもの恒に十にして七八に居る てんかいのごとくならざるもの つねにじゅうにしてしちはちにおる
天下の善悪は舌三寸の囀りある てんかのぜんあくは したさんずんの さえずりにある
天下の難事は必ず易きより作る てんかのなんじは かならず やすきことよりおこる
天道は善に福し淫に禍す てんどうは ぜんにさいわいし いんにわざわいす
天に口あり地に耳あり てんにくちあり ちにみみあり
天を怨みず人を尤めず てんをうらみず ひとをとがめず
問い声良ければ応え声良い といごえよければ いらえごえよい
灯心で竹の根を掘る とうしんで たけのねをほる
問うに落ちず語るに落ちる とうにおちず かたるにおちる
豆腐も煮れば締まる とうふも にれば しまる
道楽息子に妹の意見 どうらくむすこに いもうとのいけん
所が変われば品変わる ところかわれば しなかわる
年寄りと釘頭は引っ込むがよし としよりとくぎがしらは ひっこむがよし
富は屋を潤し徳は身を潤す とみはおくをうるおし とくはみをうるおす
土用の死人を盗人が取る どようのしにんを ぬすびとがとる
泥棒を捕えて縄を綯う どろぼうをとらえて なわをなう
呑舟の魚は枝流に泳がず どんしゅうのうおは しりゅうにおよがず

ホームページのトップへ         ことわざの目次へ