さ行

采根を咬み得ば則ち百事做すべし さいこんをかみえば すなわち ひゃくじなすべし
菜物作りの米食わず さいものづくりの こめくわず
酒と朝寝は貧乏の近道 さけとあさねは びんぼうのちかみち
薩摩の飛脚 さつまの ひきゃく
差し金無くては雪隠も建たぬ さしがねなくては せっちんもたたぬ
座して食らえば山も空し ざしてくらえば やまもむなし
猿が魚釣る さるが うおつる
去る者は日々に疎し さるものは ひびにうとし
左右を顧みて他を言う さゆうをかえりみて たをいう
騒ぐ蟹は穴に入らず さわぐかには あなにはいらず
三日書を読まざれば語言味無し さんじつしょをよまざれば ごげんあじなし
猿も木から落ちる さるも きからおちる
三歳の翁、百歳の童子 さんさいのおきな ひゃくさいのどうじ
三尺下がって師の影を踏まず さんじゃくさがって しのかげをふまず
三度の飯も強し柔らかし さんどのめしも こわしやらかし
思案の案の字が百貫する しあんのあんのじが ひゃっかんする
塩辛食おうとて水を飲む しおからくおうとて みずをのむ
塩を売っても手を嘗める しおをうっても てをなめる
鹿を追う者は山を見ず しかをおうもの やまをみず
死棋腹中に勝着あり しきふくちゅうに しょうちゃくあり
しくじるは稽古のため しくじるは けいこのため
死しての千年より生きての一日 ししてのせんねんより いきてのいちにち
四時の序、功を成す者は去る ししのじょ こうをなすものはさる
四十八手の裏表 しじゅうはっての うらおもて
舌の根の乾かぬ内 したのねの かわかぬうちに
失敗は成功の母 しっぱいは せいこうのはは
芝栗も時節が来ればはじける しばぐりも じせつがくれば ひじける
自慢は知恵の行き止まり じまんは ちえの ゆきどまり
蛇は一寸にしてその気を得る じゃはいっすんにして そのきをうる
俊足長阪を思う しゅんそく ちょうはんをおもう
駿馬痴漢を駄せて走る しゅんめ ちかんをのせて はしる
小異を捨てて大同につく(大同を取る) しょういをすてて だいどうにつく
上戸に餅、下戸に酒 じょうごにもち げこにさけ
上手は下手の手本、下手は上手の手本 じょうずはへたのてほん へたはじょうずのてほん
商売は元値にあり しょうばいは もとねにあり
食後の一睡万病円 しょくごのいっすい まんびょうえん
白髪は冥土の使い しらがは めいどのつかい
知らぬ神に祟りなし しらぬかみに たたりなし
知る者は言わず言う者は知らず しるものはいわず いうものはしらず
人事を尽くして天命を待つ じんじをつくして てんめいをまつ
水車は過ぎ去った水では回れない すいしゃは すぎさったみずでは まわれない
据え膳食わぬは男の恥じ すえぜんくわぬは おとこのはじ
末大なれば必ず折る すえだいなれば かならずおる
姿は俗性を現す すがたは ぞくしょうをあらわす
好きの道に辛労無し すきなみちに しんろうなし
鈴虫は音のために籠に飼われる すずむしは ねのために かごにかわれる
捨て子は世に出る すてごは よにでる
雀百まで踊りは忘れぬ すずめひゃくまで おどりはわすれぬ
擂り粉木で重箱を洗う すりこぎで じゅうばこをあらう
性相近し、習い相遠し せいあいちかし ならいあいとおし
盛年重ねて来らず せいねん かさねて きたらず
堰かれて募る恋の情 せかれて つのる こいのじょう
積善の家には必ず余慶有り せきぜんのいえには かならずよけいあり
咳払いも男の法 せきばらいも おとこのほう
銭あれば木仏も面を和らぐ ぜにあれば きぶつも おもてをやわらぐ
節供倒しは薬礼になる せっくだおしは やくれいになる
千人の目より親の一目 せんにんのめより おやのひとめ
千里の馬も蹴躓 せんりのうまも けつまずく
糟糠の妻は堂より下さず そうこうのつまは どうよりくださず
葬式すんで医者話 そうしきすんで いしゃばなし
そうは問屋が卸さない そうはとんやが おろさない
草履履き際で仕損ずる ぞうり はきぎわで しそんずる
俗に入っては俗に従え ぞくにいっては ぞくにしたがえ
粗相が御意に叶う そそうが ぎょいにかなう
染め物屋と鍛冶屋を3年辛抱すれば出世する そめものやとかじやを さんえんしんぼうすればしゅっせする
袖の下に回る子は打たれぬ そでのしたに まわるこは うたれぬ
添わぬうちが花 そわぬ うちが はな
損せぬ人に儲けなし そんせぬひとに もうけなし

ホームページのトップへ         ことわざの目次へ