平成30年11月09(金)
昨日は朝方曇っておりましたが、間もなく太陽が出てきました。
サイクリングを兼ねて府中市のヤマダ電機とホームセンター(島忠)へ出かけました。
ヤマダ電機ではパソコンの新機種の見学およびLED電球の交換(東京都では白熱電球を持っていけばLED電球と交換してくれます)して2個をもらいました。
ホームセンターでは工具類・資材などを見学して、小松菜の種を買ってきました。
周囲を少しサイクリングをして気持ちの良い一時を過ごしました。
今朝は霧雨が降っております。
本日はゲートボールの公式試合が予定されておりますが、雨のため中止になるものと思います。
試合があると、午前8時から午後4時までのため一日がゲートボールのために終わります。
軽減税率、線引き難しい例が無数 小売りの現場は困惑
朝日新聞の記事です。
来年10月の消費増税と同時に導入される軽減税率をめぐり、小売りや外食の現場では困惑が広がっている。
どの場合なら軽減税率が適用されるのか、線引きが難しい例が無数にあるからだ。
8日に国税庁が新たな対応事例を公表したが、顧客にどう周知するかなど課題は多く、導入時の混乱が予想される。
関西地方にあるファミリーマートの店舗では昼食時、イートインコーナーの4席がすぐに埋まる。
軽減税率の導入後は、店内で売る弁当や飲み物は、持ち帰るなら税率8%だが、店内で食べれば10%。
店側はレジで客一人ひとりにどちらなのかを確認する必要がある。
持ち帰り用として売った弁当を、客が勝手に店内で食べ始めることも想定される。
コンビニ店主の男性は「追加の支払いは求めにくい。見て見ぬふりとなりかねない」。
コンビニ業界は人手不足などで店員が1人になる時間帯もあり、チェックするのは難しいのが実情だ。(以下、省略)

ほかにもいろいろな例があるようです。
慣れるまでは混乱が起きそうです。
税が2%増えるわけですが、高価なものとなると無視できません。
深夜まで働き時給300円…技能実習の課題残し新制度案
朝日新聞の記事です。
外国人労働者の受け入れ拡大をめざす出入国管理法改正案の国会審議が来週にも始まる。
外国人技能実習制度の課題を残したまま、新制度の議論を進めようとする政府に対し、野党が追及を強めている。実習生への人権侵害などが絶えず、改善を図るために施行された法律の効果もみえない。
「パワハラといじめに遭った。異動もできず会社のビルから飛び降りて自殺を図った」。
静岡県の紙加工会社で働いていた30代の中国人女性は涙声だった。
岐阜県の縫製工場で働いた50代の中国人女性も「午前8時から深夜0時まで働いて、時給は(最低賃金の半額以下の)300円だった」と訴えた。
8日に野党が開いた法案に関する合同ヒアリング。
政府が来年4月の導入を目指す新たな在留資格「特定技能」に移ることが想定されている実習生の実態を知るためとして、過酷な労働環境に耐えかね、支援者に保護された実習生18人を招き、うち5人が証言した。(以下、省略)

技能実習生に関する記事が毎日のようにあります。
企業が法を無視して雇用しているのが問題のようですが、労使の関係がうまくいっているところも多くあるようです。
労使の話し合いでうまくいかないものでしょうか。
ロシア疑惑逃れへ先手 トランプ氏、司法長官更迭 民主、追及強める意向
朝日新聞の記事です。
トランプ米大統領は7日、セッションズ司法長官を更迭し、長官代行にトランプ氏と考えの近いマシュー・ウィテカー司法長官首席補佐官をあてた。
6日の中間選挙で野党・民主党に下院の過半数を奪われ、2年前の大統領選への介入をめぐる「ロシア疑惑」の追及が強まることが予想される。
司法省のトップをすげ替え、疑惑捜査の進展を阻む狙いもあるとみられる。(以下、省略)

トランプ氏の手法は北朝鮮の金正恩氏の手法と似ているように思います。
トランプ氏の言い放題やり放題はいつまで続くのでしょうか。
このまま進行すると、米国は潰れてしまうことでしょう。
広島県の難読地名 その17(出典ウイキペディア)
河面町(こうもちょう)- 府中市
上下町階見(じょうげちょうしなみ)- 府中市
父石町(ちいしちょう)- 府中市
土生町(はぶちょう)- 府中市
行縢町(むかばきちょう)- 府中市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ