平成30年10月28(日)
昨日は朝から雨が降っておりましたが、午前8時ころ上がりました。
ちょうど健診へ出かけようとするときでしたので、往復ともに傘が必要なく助かりました。
健診の結果は11月10日(土)にわかりますが、昨年と大きな変化はないものと思います。
問診で、「休肝日はありますか」、と言われましたが「ありません」と答えました。
毎日酒を飲みやめることができない自分が、本当に情けなく思う次第です。
昨日もビデオの編集に努めましたが、少々くたびれました。
スポーツジムで汗を流しながらストレスを解消しました。
今朝は曇り気味ですが、良い天気となりそうです。
うまい話には「裏」も… ポイントカード大国ニッポン
朝日新聞の記事です。
「ポイントカードはお持ちですか」。
そう聞かれると、つい作ってしまう人も多いポイントカード。
ポイントがたまれば、お得感もある。
でも、うまい話には「裏」もあるようで……。
日本は、世界に例を見ないポイントカード大国です。
企業は消費者にポイントをあげるかわりに、個人データを収集する。
このビジネスモデルが成功した理由は多くの企業が参入し、手軽にポイントをためて、どこでも使えるようになったからです。
店で商品を買う際に店員に氏名、住所、生年月日を教える人はまずいません。
でもポイントカードの提示は、教えているのと同じです。
消費者は意識しないまま、多くの個人情報を企業に提供しています。(以下、省略)

たとえばポイントが10%つきますと言われれば、多くの人はポイントカードを使うと思います。
私自身もポイントカードを5枚ばかり持っております。
個人情報を提供していることになります。
企業ではこの個人情報を収集・分析して、商品の開発・営業に結び付けております。
日系4世ビザ発給2件だけ 架け橋掲げ家族帯同は認めず
朝日新聞の記事です。
中南米などの日系4世を受け入れる新たな在留資格(4世ビザ)について、受け付け開始の3月末からの6カ月余りで発給がわずか2件にとどまっていることが27日までに分かった。
「架け橋の育成」をうたいながら、申請条件が厳しすぎることが低調さの原因とみられる。
4世ビザ制度は7月1日に施行された。
日本政府は、年4千人ほどの来日を見込んでいたが、外務省領事局によると、10月中旬までに発給されたビザはブラジル1件、フィリピン1件にとどまるという。(以下、省略)

製造業などで日本経済を支え、日本に住むブラジル人は07年には約31万人に達したそうです。
今回の制度は、対象年齢は18歳以上30歳以下、家族の帯同はできない、自由に働けるものの最長滞在期間が5年、入国前に「基本的な日本語」の能力も求められるなどの条件があるようです。
広島とソフトバンク、初戦ドロー 日本シリーズ8年ぶり
朝日新聞の記事です。
プロ野球の日本シリーズは27日、マツダスタジアムで4戦先勝制の初戦があり、セ・リーグ王者の広島とパ・リーグ2位でシリーズ2連覇を狙うソフトバンクが対戦。
2―2のまま互いに譲らず、シリーズでは2010年以来8年ぶりの引き分けとなった。
第2戦は28日午後6時半から同スタジアムで。
広島はジョンソン、ソフトバンクはバンデンハークが先発する。(以下、省略)

日本シリーズが始まりました。
広島は熱狂ファンに沸いていることと思います。
私はどちらが勝っても負けても良いので、勝った方を応援することにします。
広島県の難読地名 その5(出典ウイキペディア)
三篠(みささ) - 広島市西区
三篠町(みささまち) - 広島市西区
安佐町飯室(あさちょういむろ) - 広島市安佐北区
安佐町小河内(あさちょうおがうち) - 広島市安佐北区
可部町桐原(かべちょうとげ) - 広島市安佐北区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ