平成30年10月27(土)
定期検診を受けます
昨日は朝方曇っておりましたが、7時半ころより太陽が出てきました。
予期したより曇り気味でしたが、気温も適度に上がり快適な一日でした。
ビデオの編集を続けております。
昨日はスポーツジムが休館日のため、午後4時過ぎころより庭の整備をしました。
蚊がいないであろうと考えて始めたのですが、3か所ばかり蚊に刺されました。
マキノ木の剪定など、いろいろとやりたことがあるのですがまた後日やることにしました。
今朝は雨が降っております。
本日は朝8時15分より、後期高齢者の定期健康診断があります。
自分では今もって健康であると思っているのですが、後日の健診結果は大切にしたいと思っております。
 安倍首相、習主席と会談 来年の来日に向け調整へ
朝日新聞の記事です。
中国訪問中の安倍晋三首相は26日、北京で習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。
両政府は第三国でのインフラ整備など新しい経済協力を打ち出すことで関係改善をアピールし、習氏の国家主席としての初来日を来年実現させるため調整に入ることで合意した。
歴史認識や尖閣諸島をめぐる問題での進展はなかった。
北京の釣魚台国賓館で開かれた会談冒頭で、習氏は「中日関係は曲折を経験してきたが正常な軌道に戻った上で、新たな発展ができるよう推し進めていく必要がある」とあいさつ。
安倍首相は、日中関係の今後について@競争から協調A互いに脅威とならないB自由で公正な貿易体制の進化発展――との3原則を示し「新たな時代を習主席と共に切り開いていきたい」と語った。(以下、省略)

犬猿の仲にある米中です、中国は日本をうまく抱き込んで可決の道を探ろうとしているのではないでしょうか。
中国の進展に歩調を合わせることは重要なことです。
協調してともに発展してほしいものですが、トランプ氏が黙ってはいないのではないでしょうか。
 
辺野古賛否問う県民投票、来春までに実施 条例が成立
朝日新聞の記事です。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古に移設する計画への賛否を問う県民投票が、来春までに実施されることになった。
県議会で26日、関連条例が可決、成立した。
都道府県レベルでの住民投票は全国で2例目となる。
結果に法的拘束力はないが、条例では知事が日米両首脳に通知するとしている。
玉城デニー知事は「県民が米軍基地建設のための埋め立てに対する意思を明確に示すことができる。
市町村と連携を図り実施に万全を期したい」とのコメントを出した。(以下、省略)

記事によると、定数48(欠員1)のうち維新の会の2人が退席、県政与党の「社民・社大・結(ゆい)連合」や共産などの計26人が賛成し、自民や公明の計18人が反対したそうです。
賛成か反対かに「○」を書くようですが、賛否のうちの多数が有権者の4分の1に達した時は知事は結果を尊重しなければならないようです。
山小屋業者、エコパークに不法投棄か 静岡の南アルプス
朝日新聞の記事です。
国際的に貴重な自然の保護・活用を目指す「エコパーク」に登録された静岡市北部の南アルプスで、登山客向けの宿泊施設を運営する会社が、施設から出たごみの焼却灰などを繰り返し山中に投棄していたことがわかった。
会社は朝日新聞の取材に「灰はずっと以前から捨て、5、6年前から生ごみも一緒に穴に入れていた。
(現場の)作業員の判断だった」などと説明。
ごみを回収し、処分する方針だとしている。
静岡市は、廃棄物処理法違反の疑いがあるとみて調査を始めた。
静岡市によると、許可を得ていない場所でのごみ投棄は同法で禁じられ、肥料にするなどの目的がない限り、私有地でも違法となる。
焼却灰も廃棄物にあたり、知事や市長の許可を得た業者に運搬や処分を委託する必要がある。(以下、省略)

無知な私は、エコパークの規制がこんなに厳しいものとは知りませんでした。
私有地なら許されるのではないかと考えますが、そのような考えは甘いようです。
広島県の難読地名 その4(出典ウイキペディア)
似島(にのしま) - 広島市南区
似島町(にのしまちょう) - 広島市南区
南大河町(みなみおおこうちょう)- 広島市南区
向洋(むかいなだ) - 広島市南区
己斐(こい) - 広島市西区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ