平成30年09月21日(金)
暑さ寒さも彼岸まで
昨日は朝から曇っておりましたが、8時過ぎころから雨がぱらつき始めました。
その後降ったり止んだりの天気でした。
午後3時過ぎころからは本格的な雨となり降り続きました。
ほぼ一日中読書でした。
今朝も雨が続いており、予報では一日中雨が降り続くようです。
昨日が「彼岸入り」でした。
昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われております。
今朝は少しばかり寒さを感じました。
これからどんどんと寒くなっていきますが、風邪をひかないように注意をしましょう。
年を取ると温暖の差についていく耐力が衰えてきます。
これくらいは自信があるという若いころの思いが失敗のもとになります。
転び骨折をする→寝たきり、風邪をひく→肺炎などのパターンが多くあります。
用心をとって家に引きこもるのではなく、外出して適度に運動をしましょう。
「安倍1強」おごりの芽つみ合意形成を 根強い不信露呈
朝日新聞の記事です。
今回の自民党総裁選で問われたのは、「1強」がもたらした政権のゆるみとおごりだった。しかし、歴代最長の通算在任期間をうかがうのにふさわしい信頼を、安倍晋三首相が勝ち得たようには見えない。
首相の得票率は国会議員票82%に対し、地方票は55%。
この差をどう読むか。
首相支持陣営の強烈な締め付けにもかかわらず、地方議員や党員には、政権への不信が根強いとみるのが自然だろう。
財務省公文書改ざんの政治責任は誰もとらず、強引な国会運営も際だった。
この総裁選では人事を絡めた「圧力」も見え隠れした。
相も変わらぬおごりぶりに、来夏の参院選で痛い目にあうのではないかと心配する自民党議員は、国会、地方を問わず少なくない。(以下、省略)

予想以上に石破氏の評価が高かったことに対する意見です。
3選された安倍氏は歴代首相の在職日数の最多になります。
石破氏に負けない「信頼できる人」を目指して、努力してほしいと願います。
文科省の戸谷事務次官、辞任へ 汚職事件で引責の意向
朝日新聞の記事です。
文部科学省の戸谷(とだに)一夫事務次官(61)が、文科省をめぐる一連の汚職事件の責任などを取って辞職する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。
文科省では、前の事務次官も組織的な天下り問題の責任をとって辞任しており、事務方トップが2代連続して不祥事で辞める形となる。
事件を受けて、文科省は有識者を交えた調査・検証チームを設け、職員が服務規程を守っているかどうか調べている。
贈賄側の業者から不適切な接待を受けた幹部が明らかになっているといい、林芳正文科相が21日に処分を発表する。(以下、省略)

戸谷氏は、天下り問題で辞任した前川喜平氏の後任として2017年1月より事務次官に就任しました。
戸谷氏自身も業者から食事の接待を受けているようです。
教育現場を牛耳っている文科省の幹部の態度がこのようでは、教員自身がやる気を失うのではないでしょうか。
カラオケ音源、ネットで無断公開容疑 会社員を書類送検
朝日新聞の記事です。
音楽配信会社(東京都渋谷区)の音源を無断で使ってカラオケ用の動画を作成し、投稿サイトで公開したとして、警視庁は20日、都内の会社員の男を著作権法違反容疑で書類送検した。
捜査関係者への取材で分かった。
「広告収入を得たかった。違法だと思わなかった」と話しているという。
捜査関係者によると、送検容疑は昨年11月、音楽配信会社がインターネットで有料配信しているカラオケ用の音源を5回にわたり不正にダウンロードし、歌詞などをつけたカラオケ用の動画をユーチューブに投稿し、同社の著作隣接権を侵害したというもの。
隣接権は、著作物を伝えるレコード会社などに認められた権利。(以下、省略)

記事によると、「Anriのカラオケ制作室」というページでカラオケ動画を多数投稿して、視聴回数が約260万回に上るものもあり約800万円の広告収入があったようです。
無論このことは違反行為ですが、知識があれば「仮想通貨」のように金儲けができます。
岡山県の難読地名 その11(出典ウイキペディア)
白楽町(ばくろちょう) - 倉敷市
日吉町(ひよせちょう) - 倉敷市
船穂町(ふなおちょう) - 倉敷市
船穂町船穂(ふなおちょうふなお) - 倉敷市
真備町上二万(まびちょうかみにま) - 倉敷市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ