平成30年09月04日(火)
昨日は朝から曇っておりましたが、8時前から雨が降り出しました。
そのため予定されておりました、「国分寺市ゲートボールシニア大会」が延期となりました。
今週の金曜日(7日)に行われることになりました。
そこで時間がありましたので、一昨日行われました「電験3種国家試験」の解答・解説の準備を始めました。
この国家試験には「理論」、「電力」、「機械」、「法規」の4科目がありますが、私の担当は「理論」と「電力」の2科目です。
暇をみながらとりあえず、原稿の準備を始めました。
そして最終的には、図表を提示しながら清書をすることになります。
台風の前兆でしょうか、本日は朝から雨が降っております。
本日その台風が本州に上陸するようです。
本日午後より、ある会の関東大会の打ち合わせがあるのですが台風の影響が心配です。
経団連会長、就活指針取りやめる考え 選考解禁の縛りも
朝日新聞の記事です。
経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は3日、新卒学生の採用選考に関する指針について、2021年春入社の対象者から、取りやめる考えを示した。
経団連が廃止に踏み切れば、1953年の「就職協定」に始まった就職活動のルールがなくなることにもなりかねない。
ただ、正式な機関決定はこれからで、大学など各方面からの強い反発も予想される。
定例記者会見で明らかにした。
中西会長は指針への対応を問われ、「学生のことなどすべてを経団連が采配しているわけではない。それなのに、いいの悪いのと批判を浴びる。終身雇用など基本的なところが成り立たなくなっている。一斉にやることもおかしな話だ」と強調。
「もう何月解禁とは言わない。指針も目安も出さない」と述べた。(以下、省略)

本日朝刊の1面トップ記事です。
私も経団連会長の気持ちがよくわかります。
指針を出しても多くの企業や大学が守らず、指針が無視されているからです。
国も経団連に押し付けているのみで、国も政策として動いておりません。
「偉い方集める、一人ひとり訴える。私は後者」 石破氏
朝日新聞の記事です。
(党総裁選で安倍晋三首相に国会議員票で差を付けられている中、どう巻き返すか問われ)
それは自民党が国民から遊離しちゃいけないということじゃないか。
自民党の考えていることと、国民が考えていることと乖離(かいり)があるとしたら、それは決していいことだと思わない。
国民を見ていきたいと思う。
(どういった主張をしていくか問われ)
自民党は国民政党として、一部の人のため、一部の地域のためではなく、全ての地域、全ての人々に奉仕する政党であるということに貫かれる。
大事なのは、一人ひとりにどう訴えるかだ。
偉い方々をいっぱい集めて「やるぞ」というのも一つのやり方でしょうし、一人ひとりに訴えても一つのやり方だと思う。
私は後者のやり方を大事にしたい。(岡山市で記者団に)(以下、省略)

総裁選は、安倍氏と石破氏の一騎討ちとなりましたが、互いにあの手この手で争っております。
本日も熱戦が続きます。
この職業も体が丈夫でないとだめですね。
藤井七段敗れる 今年度はタイトルなし 将棋・棋王戦挑戦者決定トーナメント
朝日新聞の記事です。
高校生棋士の藤井聡太(そうた)七段(16)が3日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントの初戦で、菅井竜也(すがいたつや)王位(26)に133手で敗れた。
藤井七段が今年度のタイトル戦に登場する可能性は絶たれた。
対局は午前10時に始まり、午後6時13分に終わったログイン前の続き。
藤井七段は、昨年の公式戦でも菅井王位に敗れており、これで菅井王位に通算2連敗となった。(以下、省略)

勝負事はいつかは破れます、破れることによって進歩します。
それにしても藤井氏は菅井氏に相性が悪いようです。
島根県の難読地名 その15(出典ウイキペディア)
三刀屋町三刀屋(みとやちょうみとや) - 雲南市
亀嵩(かめだけ) - 仁多郡奥出雲町
馬馳(まばせ) - 仁多郡奥出雲町
飯石(いいし) - 飯石郡(郡名)
簸川(ひかわ) - 簸川郡(郡名)

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ