平成30年08月15日(水)
昨日は朝方曇っておりましたが、間もなく太陽が出て蒸し暑い一日となりました。
読書とベランダでのゲートボールの練習に励みました。
暑いのでゲートボールには集中できず、あまり効果は上がらなかったように思います。
19日(日)には、東京都のゲートボール新人戦が行われますが、私が主将と言われておりますので気にしている毎日です。
本日は朝から太陽が出ており、暑い一日となりそうです。
秋収穫のジャガイモの種イモが入荷したそうなので、本日合間を見て購入しようかと考えております。
昨日、小玉スイカ1個を収穫して食べました。
秋茄子は現在花が咲いており、収穫が楽しみです。
国宝や重文含む文化財、115件が盗難 半数は行方不明
朝日新聞の記事です。
国宝や国の重要文化財(重文)、都道府県の文化財に指定された美術工芸品について、行政機関に盗難被害が届けられた件数が115件(国78件、18都道県計37件)にのぼることが朝日新聞の調べでわかった。
そのうち半数余は行方が分からないままだ。
未指定の仏像などを狙う窃盗も相次いでいる。
信仰の対象や地域の宝とされてきた文化財が次々と失われている。
朝日新聞は有形文化財のうち美術工芸品(国、都道府県の指定はともに1万件余)に着目し、国と都道府県に取材した。
国宝・重文では、仏像の花飾りが持ち去られるなど価値が大きく損なわれていない「一部盗難」が34件あることも判明した。
これらの数字が明らかになるのは初めて。(以下、省略)

本日の朝刊の1面トップ記事です。
ネットで販売されているものもあるそうです、悪い人がいるものです。
高齢化や過疎化で文化財を支える地域や寺社の力が弱まっており、管理を住民任せるのには限界があるのではないかと指摘されております。
沖縄知事選に宜野湾市長が出馬表明 自民県連の要請受諾
朝日新聞の記事です。
沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の急逝に伴い9月30日に投開票される知事選に、佐喜真(さきま)淳(あつし)・宜野湾市長(54)が立候補することを14日、正式に表明した。
一方、国と激しく対立した翁長氏を支持してきた「オール沖縄」勢力は同日、後継候補の人選を始めた。
副知事や経済人らの名が関係者の間で挙がっており、決定を急ぐ。
「対立や分断から無縁な沖縄を取り戻す」。
市議会議長に辞表を提出した佐喜真氏は14日午後、報道陣に決意を述べた。
自民党県連が擁立し、選挙戦では公明と日本維新の会の支援を受けた上で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を進める安倍政権が全面的に後押しする見通し。
報道陣から辺野古移設について問われたが、「政策発表の段階で答えたい」と具体的には語らなかった。(以下、省略)

翁長氏の逝去に伴う、後任の知事選が始まりました。
佐喜真氏は、自民党県連が擁立しております。
野党は、翁長氏の後任の推薦に戸惑っているようです。
高架橋が崩落、35人死亡 車多数巻き添え イタリア
朝日新聞の記事です。
イタリア北部ジェノバで14日、幹線道路の橋が崩落し、通行中の車などが巻き込まれた。
ANSA通信によると、少なくとも35人が死亡した。
トニネッリ運輸相は「甚大な惨事だ」と語った。
崩落したのは川や鉄道の上にかかる高架橋。
崩落部分の長さについては80メートルから200メートルまで情報が交錯している。
車30台ほどが通行していたとみられ、死者がさらに増える可能性もある。(以下、省略)

橋は1967年に開通したものだそうです。
何が原因だったのでしょうか。
ジェノバは地中海に面した港湾都市で、多くの観光客が訪れるところだそうです。
 
鳥取県の難読地名 その28(出典ウイキペディア)
石井垣(いわいがき) - 西伯郡大山町
押平(おしなら) - 西伯郡大山町
下甲(しもぎ) - 西伯郡大山町
大山(だいせん) - 西伯郡大山町
鈑戸(たたらど) - 西伯郡大山町

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ