平成30年08月12日(日)
昨日も朝から太陽が出て蒸し暑い一日でしたが、天気予報通り午後過ぎころから雨が降り出しました。
特に湿度が高いため蒸し暑くて、じっとしていても汗がどんどんと出てきました。
3日間休館日であったスポーツジムが開館され夕刻には、久しぶりに汗をかいてきました。
やはりスポーツをして汗を流すのは、健康のために良いように思われました。
本日は朝から曇っております。
ドローン配送、月内にも解禁 島・山間部に限定 目視規制緩和
朝日新聞の記事です。
小型無人機ドローンによる遠方への荷物の配送が、早ければ今月中にも、人が少ない離島や山間部に限って解禁される。
目視できる範囲でしか飛ばせないという規制を、国土交通省が一定の条件のもとで緩和することを決めた。
過疎地の買い物弱者にとって便利になるほか、西日本豪雨のような災害時の物資輸送への応用も期待される。
国交省によると、ドローンの飛行は現状、航空法に基づく規定により、操縦者か補助者が常に目視で機体を確認できる場所に限られている。
それを今回、高度150メートル未満の「山や川、海などの人が立ち入る可能性が低い場所」に限り、目が届かない場所でも飛行できるよう改める。(以下、省略)

このことは以前より検討されておりましたが、いよいよ実現しそうです。
離島や災害地への配送は、大いに役立つことでしょう。
都心での利用は当分先のことになりそうです。
墜落ヘリ、9人全員死亡 直前にルート外れ、急旋回 群馬
朝日新聞の記事です。
群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が同県中之条町の山林に墜落した事故で、県は11日、乗員9人全員の死亡を確認したと発表した。
またヘリが墜落直前、予定ルートを外れ急旋回していたことが県への取材でわかった。
県警や国の運輸安全委員会の航空事故調査官が、墜落との関連を調べている。(以下、省略)

急旋回しているということは、何を意味しているのでしょうか。
異常気象か、整備不良か、操縦ミスか?などこれからの調査結果を待ちたいと思います。
 
拘束日本人、30代 北朝鮮の軍港・南浦で
朝日新聞の記事です。
北朝鮮で今月、現地当局に拘束された日本人男性は、北朝鮮西部の南浦(ナムポ)で拘束されていたことがわかった。男
性は30代で、海外の旅行会社が企画したツアーで北朝鮮に入ったという。
日本政府は外交ルートで北朝鮮側に詳しい経緯の説明を求める方針だ。(以下、省略)

両国がぎくしゃくしている現状では、簡単に捜査は進まないようです。
目的がスパイ容疑でなければよいのですが、当分の間拘束されるのではないでしょうか。
鳥取県の難読地名 その26(出典ウイキペディア)
長和田(なごうた) - 東伯郡湯梨浜町
野花(のきょう) - 東伯郡湯梨浜町
埴見(はなみ) - 東伯郡湯梨浜町
羽合(はわい) - 東伯郡湯梨浜町
久留(ひさどめ) - 東伯郡湯梨浜町

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ