平成30年07月24日(火)
パスポート更新
昨日も朝から太陽が出て、今夏最高気温になった模様です。
東京都の青梅市で40.8℃であったようですから、国分寺市は40℃くらいまで上がったのではないでしょうか。
とても暑い一日でした。
一昨日パスポートの期限が本年の7月24日(本日)であることに気が付きました。
早速、一昨日デジカメで写真を撮り、更新用の写真を作成しました。
そして昨日、パスポートの更新に伺いました。
手作りの写真です、印画紙が旧かったためかところどころに小さな斑点があると言われました。
一応受け取ってもらいましたが、後日取り換えの指示があるかも知れません。
長生きできそうにありませんし、年とって海外旅行は無理と考え、更新の期間は5年間としました。
いずれにしても滑り込みセーフで更新の手続きは終わりました。
ところが右足膝の痛みが続いております。
一昨日、少し良くなったようなので無理をした祟りかもしれません。
カルテ、コピー1枚で5千円も 厚労省「不適切」と注意
朝日新聞の記事です。
診療録(カルテ)のコピーを患者らが請求した際に求められる料金が、病院間で大きく違うことが厚生労働省の調査でわかった。
対象となった全国の主要病院の2割近くは、白黒コピー1枚でも5千円以上かかる設定だった。
厚労省は20日、自治体に通知を出し、実際の費用を積み上げて料金を決めるよう医療機関に周知するよう求めた。
カルテや検査結果などの診療記録は、治療をめぐるトラブルがある場合や、自身の病状や治療を詳しく知りたい場合に請求される。
2003年に厚労省が指針を作成。
個人情報保護法は、本人が希望すれば病院や診療所は原則開示する義務があるとし、実費を勘案した合理的な範囲で手数料をとれると定めている。(以下、省略)

記事によると、白黒1枚の請求でも16%は手数料などで5千円以上になり、3千円台も15%、67%は1千円未満で手数料がないか低額だったとあります。
1枚10円とは言いませんが、せめて100円に統一できないものでしょうか。
「災害級」41.1℃ 熊谷、国内最高を更新 都内初の40℃超、猛暑日241地点
朝日新聞の記事です。
関東甲信と東海を中心に、23日も記録的な暑さとなった。
埼玉県熊谷市では午後2時23分、国内の観測史上最高を約5年ぶりに更新する41・1度を記録。
全国の観測地点の約4分の1で最高気温が35度以上の猛暑日となり、各地で熱中症とみられる死者も出た。
気象庁は同日夕の緊急記者会見で「命の危険がある暑さ。一つログイン前の続きの災害と認識している」と危機感を示した。(以下、省略)

本日の朝日新聞の「天声人語」の記事です。
30℃以上を真夏日といい、35℃以上を猛暑日という。
40℃以上には現在のところ名前がない、「極暑日」、「灼熱日」、「炎熱日」?とありました。
気象庁の命名発表待ちとなります。
財務次官に岡本薫明主計局長 政府、月内にも発令へ
朝日新聞の記事です。
政府は、セクハラ問題で辞任した財務省の福田淳一・前事務次官の後任に岡本薫明(しげあき)主計局長(57)を起用する人事を固めた。
森友学園の公文書改ざん問題で辞任した佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官の後任には、長官の事務を代行している藤井健志・同庁次長(55)を充てる方向だ。
閣議の承認を経て、月内にも正式に発令する。(以下、省略)

セクハラ問題、公文書改ざん問題でトップの交代です。
新任の両人とも、きちんと責任のある仕事をしてもらいたいものです。
鳥取県の難読地名 その7(出典ウイキペディア)
佐治町葛谷(さじちょうかずらたに) - 鳥取市
佐治町舂谷(さじちょうつくだに) - 鳥取市
倭文(しとり) - 鳥取市
新品治町(しんほんじちょう) - 鳥取市
鹿野町乙亥正(しかのちょうおつがせ) - 鳥取市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ