平成30年06月27日(水)
昨日は朝方曇っておりましたが、間もなく太陽が出てきました。
その後も晴れが続き、気温も30℃くらいまで上がり蒸し暑い一日でした。
読書、パソコン、ゲートボール、菜園の点検などしながら一日を過ごしました。
本日は朝から太陽が出ております。
細野豪志氏、衆院選中に5千万円受け取り 証券会社から
朝日新聞の記事です。
細野豪志元環境相が昨年10月の衆院選の期間中に、東京都内の証券会社から5千万円を受け取っていたことがわかった。
5カ月後の今年3月末、証券取引等監視委員会が証券会社に対し、この支出について報告を求めた。
翌月、細野氏は「なし」としていた資産報告書の借入金を5千万円と訂正し、その後、返却した。
5千万円が選挙資金であれば、借入金であっても公職選挙法に基づき報告義務がある。
ただ、細野氏は個人的な貸し借りを届け出る資産報告書で開示した。(以下、省略)

細野氏は昨年8月に民進党を離党し、小池百合子東京都知事が9月に立ち上げた新党「希望の党」に結成メンバーとして参加し、候補者調整にもあたるなど中核的な役割を担いました。
その後、細野氏は無所属になりました。
国民のみんなが納得できるよう調査結果を発表してほしいものです。
警官の拳銃奪取防止装備を導入へ 警察庁、前倒しで計画
朝日新聞の記事です。
富山市で警部補が男に襲われて拳銃を奪われた事件を受け、警察庁は26日、警察官が装着している拳銃を奪われるのを防ぐための装備を新たに導入する方針を決めた。
過去の同種事件を受けて2020年度をめどに導入する計画だったが、奪われた拳銃が使われて市民が殺害された今回の事件を重大視。
急きょ計画を前倒しし、できるだけ早く配備する方向で検討に入った。
警察庁によると、警察官が腰などの位置に付けている拳銃入れ(サック)を改良する。
装着している警察官は現行のサックと同じようにすぐに拳銃を取り出せるが、他の人物が外から容易に取れないような仕組みにする。
既に複数の試作品を作っており、今後、装備を確定させる。
同庁幹部は「奪おうとする者に手の内をさらすことになるので、具体的な機能は明らかにできない」としている。(以下、省略)

奪取防止装置を考えても、犯人に殺害されたら役立たないように思います。
このような犯人を事前にキャッチすることはできないものでしょうか。
警察官は、生身で国民の安心安全のために寄与しておられます。
農機も自動運転の時代 もみ殻も勝手に捨てるコンバイン
朝日新聞の記事です。
トラクターやコンバインなど、農業機械の自動運転技術が進化している。
担い手不足や高齢化への対応で、普及が進むとメーカーがみているためだ。
15日、千葉県柏市の郊外に広がる小麦畑で、刈り取りや脱穀のためのコンバインが動いていた。
運転席の作業員は両手をあげ、とくに操作していないが、直進だけでなく、畑に沿って方向転換もしている。
クボタが12月に発売する自動運転機能付きコンバインの実演会だ。
この日は雨のため刈り取りはしなかったが、刈り取りや脱穀も、最初の6メートルほどを手動運転で進めたあとは、自動でできるのだという。タンクがもみ殻でいっぱいになると、コースを離脱して捨て場に行き、再び戻ってくる。
作業時間を1割短縮できる。
実演会を行った畑を所有する柏染谷農場の染谷茂代表(68)は、「運転に集中せずに済めば疲れ方が全然違うし、運転中に他の作業もできる。使ってみたい」と話した。(以下、省略)

農家は高齢化が進み、朗報のようです。
しかし、希望小売価格は税抜き1570万円からで、自動運転には別売りの移動式GPS基地局(120万円)も必要だそうです。
導入するには将来を見通した決断が必要です。
和歌山県の難読地名 その7(出典ウイキペディア)
学文路(かむろ) - 橋本市
神野々(このの) - 橋本市
胡麻生(ごもう) - 橋本市
隅田(すだ) - 橋本市
谷奥深(たにおぶか) - 橋本市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ