平成30年06月23日(土)
私が主将?
昨日は朝から太陽が出て、久しぶりに快晴に恵まれ気温も上がりました。
しかし午後過ぎころより、少し曇り気味になりました。
久しぶりにゲートボールの練習に出かけましたが、自分なりにいいプレーが出ました。
まぐれのプレーもあり、無論ミスもあり、やはり不安定です。
練習を重ねて体で覚えること以外には方法はないようです。
昨日参加して、びっくりした申し渡しがありました。
東京都多摩地区の新人戦があるそうですが、国分寺市の新人戦6人の代表として私が主将に選ばれました。
50字(アイウエオ)音順かと思ったらそうではありませんでした。
大会は8月19日(日)だそうですが、また悩みが増えました。
今朝は曇っており、予報では午後あたりから雨が降るようです。
きょう沖縄「慰霊の日」 平和の文字、ろうそくの灯で
朝日新聞の記事です。
沖縄は23日、「慰霊の日」を迎える。
太平洋戦争末期に激烈な地上戦が展開され、組織的戦闘が終わったとされる日だ。
最後の激戦地となった沖縄本島南端にある平和祈念公園(糸満市摩文仁〈まぶに〉)では、沖縄県などが正午前から追悼式を開く。
翁長雄志(おながたけし)知事が平和宣言を読み、安倍晋三首相も参列する。
沖縄戦は1945年3月末に始まった。
4月1日には米軍の本島への上陸が始まり、当時の県人口の4人に1人にあたる県民12万人以上が犠牲となった。日米の軍人を合わせると、死者は20万人に上るとされる。(以下、省略)

当時、沖縄で戦争を食い止めていたことになります。
今も戦後処理の犠牲になっております。
公園内にある平和の礎(いしじ)」には、氏名が判明している沖縄戦の戦没者らの名前が1人ずつ刻まれております。
 
慰霊の日の前夜、ろうそくの火で「平和」の字がともされた
=2018年6月22日午後7時43分、沖縄県糸満市の平和祈念公園、竹花徹朗撮影
ヤジ問題の自民・穴見議員、がん財団の理事を辞任
朝日新聞の記事です。
自民党の穴見陽一衆院議員(大分1区)が衆院厚生労働委員会で参考人の肺がん患者に「いい加減にしろ」とヤジを飛ばした問題で、大分がん研究振興財団(大分県由布市)は22日、穴見氏から理事辞任の届け出があったと発表した。
「一身上の都合」としているが、直前に本人から財団評議員に電話があり、「大変迷惑をかけた」と謝罪があったという。
穴見氏は2007年の財団発足時から理事を務めていた。
辞任届は、近く開く緊急評議員会で受理される見込み。
財団は参考人や全国のがん患者と家族に対し、「大変ご不快なお気持ちを抱かせましたことに、心よりおわび申し上げます」とする談話も出した。(以下、省略)

常識ではとても考えられないヤジです。
ヤジに対して、停職など重い罰則を設けるべきではないでしょうか。
謝罪して済むのでは、今後もヤジは続くでしょう。
OPECが原油の減産緩和へ 米のイラン経済制裁に対応
朝日新聞の記事です。
中東などの産油国でつくる石油輸出国機構(OPEC)は22日、ウィーンの本部で総会を開き、昨年からの協調減産を実質的に緩和することを決めた。
現在は減産目標より生産を大幅に減らしているが、7月から段階的に増やして目標に近づける。
米国の対イラン経済制裁などによる原油の供給減の懸念に対応する。(以下、省略)

現在は、減産目標より少ない生産量を続けております。
今回の提案は、目標数値まで実質的に増やす方針を示したものです。
原油の埋蔵量はどのくらいあるのでしょうか。
長期的に見通しをつけているのでしょうか、私にはわからない課題です。
和歌山県の難読地名 その3(出典ウイキペディア)
梶取(かんどり) - 和歌山市
吉礼(きれ) - 和歌山市
土入(どうにゅう) - 和歌山市
永穂(なんご) - 和歌山市
新留丁(にんとめちょう) - 和歌山市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ