平成30年06月09日(土)
昨日は朝から太陽が出て、快晴の一日となりました。
気温も29℃くらいまで上がったようですが、適度に風があり快適でした。
ゲートボールの練習に出かけましたが、まあまあの出来でした。
皆さんのパワーに感心します。
参加の皆さんの中では最も下手ですが、適度に楽しんでおります。
本日も朝から太陽が出ており、予報では良い天気となり気温も30℃くらいまで上がるようです。
福田元首相も想定外の改ざん「政府が責任持って解決を」
朝日新聞の記事です。
「記録を残す」とはどういうことか。
新しい法律ができたとします。
それはどんな社会情勢の中で、どんな議論を経てできたのか。
国民がその時々の政治や行政を評価するためには、後々まで残る正確な記録が必要になる。
それが選挙では投票行動につながり、政治家が選ばれ、政策が決まっていく。
正しい情報なくして正しい民主主義は行われない。
記録というのは民主主義の原点で、日々刻々と生産され続けるのです。
別の言い方をすれば、保存文書が歴史を作り、国家を形成する。
小さな石を積み上げて石垣を造っていくようなもの。
ふだんは意識されないけれど、とても大事な作業で、日本という国は一体どういう国かといったら、そういうことの積み重ねの成果ではないでしょうか。(以下、省略)

文書の隠ぺい、改ざんを知らないで長い間議論を進めてきました。
全く無駄な時間でした。
このことについて福田元首相は、原因をつくった政府が責任を持って解決することを目指さなければならないと指摘しております。
皇太子さま、雅子さまに「銀メダルを」ご夫妻結婚25年
朝日新聞の記事です。
9日で結婚25年となる皇太子ご夫妻が、お気持ちを文書でつづった。
来年5月に新天皇となる皇太子さまは「気持ちを新たに、互いに協力しながら一つ一つの公務に取り組んでまいりたい」と表明。
療養中の雅子さまは「たくさんの喜びも悲しみもありました」と25年の歩みを振り返りつつ、「広く人々の幸せを祈っていきたい」と新皇后への覚悟ものぞかせた。
皇太子さまは58歳、雅子さまは54歳。
報道向けに寄せた文書で、お二人は互いへの思いを記した。
皇太子さまは結婚10年の時、雅子さまに「『努力賞』と『感謝賞』のダブル受賞」との賛辞を送ったが、今回は「加えて、銀婚式に因(ちな)んで銀メダルも贈りたい」と。
雅子さまは皇太子さまに「感謝状を」と応じ、金婚式で金メダルとなるか心もとないが、温かい家庭を築くよう努力していくと述べた。(以下、省略)

雅子さんの健康が心配です。
皇后となると一層負担がかかります。
健康には十分に注意をされ、公務に当たられることを願っております。
水星探査機の愛称「みお」に 10月に打ち上げ予定
朝日新聞の記事です。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、10月に打ち上げ予定の水星探査機の愛称を「みお」に決めたと発表した。
「みお」は船の航跡などを表す言葉で、これまでの開発の道のりや航海の安全を示すことなどを理由に選んだという。
愛称は2月から募集し、国内外から約6500件の応募があった。
水星の探査は欧州宇宙機関(ESA)との共同計画。
「みお」は打ち上げ後、2025年12月に水星の周回軌道に入り、磁場やちりなどを調べる。(以下、省略)

水星は太陽に最も近い惑星です。
磁場やチリなどを調べるようですが、調べる意義がわかりません。
経費を資源の開発(たとえば海底の資源)に使ってほしいと思います。
奈良県の難読地名 その9(出典ウイキペディア)
岩室町(いわむろちょう) - 天理市
嘉幡町(かばたちょう) - 天理市
萱生町(かようちょう) - 天理市
杣之内町(そまのうちちょう) - 天理市
雲梯町(うなてちょう) - 橿原市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ