平成29年11月23日(木)
本日は朝から雨が降っております。
昨日、無事に下松から帰ってきました。
下松では、兄弟でゆっくりしてきました。
本日は午後より元同僚の忘年会が新宿で行われます。
退位「19年4月末」有力…来月1日皇室会議
読売新聞の記事です。
政府は、天皇陛下の退位日程をめぐり、安倍首相が衆参両院議長や皇族から意見を聞く「皇室会議」を12月1日に開く方針を固めた。
政府は退位日程について、統一地方選後の2019年4月30日に退位し、5月1日の皇太子さまの即位と同時に改元する方向で調整している。
同年3月31日に退位し、4月1日に即位・改元する案もあり、政府は皇室会議の意見も踏まえ、12月上旬にも日程を定める政令を閣議決定する方針だ。
複数の政府関係者が明らかにした。
首相は21日夕に皇居を訪れ、陛下に国内外の政治情勢を報告した。
その際、皇室会議の日程も話題に上ったとみられる。
22日にも皇室会議の開催を正式発表する。(以下、省略)

天皇陛下の退位、即位の日程が詰められつつあります。
十分に検討され、準備されつつがなく進行されることを祈っております。
 
森友問題、ごみの量3〜7割…「過大」推計指摘
読売新聞の記事です。
大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に約8億円値引きされて売却された問題で、会計検査院は22日、値引きの根拠となったごみの推計量が過大で、実際はその約3〜7割だった可能性があるとする報告書を参院に提出し、公表した。
財務省による売却価格決定の手続きについても「適正を欠いていた」と指摘しており、国の責任が厳しく問われそうだ。(以下、省略)

徹底的に調査をして、流れを公表してほしいと思います。
森友氏の強引なやり方に乗せられたようです。
敗れた白鵬、軍配に納得せず抗議…場内は騒然
読売新聞の記事です。
福岡市の福岡国際センターで行われている大相撲九州場所で11日目の22日、横綱白鵬関(32)(宮城野部屋)が初黒星の軍配に納得せず、約1分間、土俵下で抗議する一幕があった。
横綱らしからぬ異例の行動に、場内は騒然となった。
関脇嘉風関との対戦で、左から張った横綱は右手を挙げて力を抜き、「待った」をアピール。
しかし、立ち合いは成立しており、嘉風関がそのまま寄り切った。
土俵下に吹っ飛ばされた白鵬関は納得せず、右手を挙げて「待った」だと審判の親方衆や行司に抗議。
土俵に戻った後も嘉風関が勝ち名乗りを受ける間、右手を挙げて不満を示した。(以下、省略)

自分自身は正しいと判断しての行為でしょうが、横綱としては汚点を残しました。
白鵬は時々ひやっとする行動があります、自重してほしいと思います。
 
静岡県の難読地名 その10(出典ウイキペディア)
西浦木負(にしうらきしょう)  - 沼津市
戸田(へだ) - 沼津市
熱海(あたみ)  - 熱海市
金谷猪土居(かなやししどい)  - 島田市
湯日(ゆい)  - 島田市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ