平成29年11月20日(月)
昨日は朝から太陽が出ましたが、朝方は相当に冷え込みました。
午前中は良い天気でしたが、午後より曇り気味となりました。
国家試験問題の校正を完了して、出版会社に送りました。
本日も朝から太陽が出ており、良い天気となりそうです。
本日より22日(水)まで帰省(山口県下松市)しますので、その間ホームページを休みます。
日馬富士、制止しようとした照ノ富士も数回殴る
読売新聞の記事です。
日馬富士関が貴ノ岩関に暴行を加えた際、制止しようとした関脇照ノ富士関(25)も殴っていたことが、他の同席者への取材でわかった。
鳥取県警も経緯を把握しており、詳しい事情を調べている。
同席者らによると、酒席は、女性店員が接客する鳥取市内のラウンジで10月25日夜、モンゴル人力士ら十数人が参加して開かれた。
店の奥の個室が使われ、白鵬関と鶴竜関の2横綱や日本人力士、鳥取県の相撲関係者らがいた。
日馬富士関が貴ノ岩関を殴打し始めた際、2人の間に入った照ノ富士関も数回、殴られたという。
日馬富士関は白鵬関に個室の外へ連れ出され、酒席は途中で終わった。
貴ノ岩関は負傷したが、照ノ富士関に目立ったけがはなかったという。
鳥取県警は、照ノ富士関への暴行は複数の力士が止めに入った際に起きたことから、故意ではなく偶発的なものだった可能性があるとみている。
照ノ富士関は日馬富士関と同じ伊勢ヶ浜部屋の後輩。(以下、省略)

日馬富士は暴力を認めており、事実は明らかになっているようです。
その暴力に及んだ原因が、はっきりと公表されておりません。
当日の貴ノ岩の態度がどのようであったのか、日常の日馬富士および貴ノ岩の周囲との人間関係がどうであったかなど、総合的に考える必要があるのではないでしょうか。
東芝、6000億円増資…上場廃止回避へ
読売新聞の記事です。
経営再建中の東芝は19日、取締役会を開き、約6000億円の資本増強を決議したと発表した。
海外の投資ファンドなどを対象に、新株を発行する「第三者割当増資」を行う。
これにより来年3月末までに半導体メモリー事業の売却が完了しなくても、2期連続の債務超過に陥らず、上場廃止は回避できる見通しとなった。
東芝の財務面の不安は払拭ふっしょくされ、再建は大きく前進する。
引受先は「もの言う株主」で知られた旧村上ファンドの出身者が運営する「エフィッシモキャピタルマネージメント」系の投資ファンドなどで60社。
1株あたり、17日の株価より1割安い約263円で発行する。
増資後はエフィッシモが出資する投資ファンドが約11%の株式を持つ筆頭株主になる。(以下、省略)

このことは前からうわさが流れておりましたが、私には仕組みがよくわかりません。
6000億円の増資が必ずできることを確認しての発表なのでしょうか。
計画通り増資できなかったらどうなるのでしょうか。
これで本日、東芝の株価は上がるのでしょうか。
 
静岡県の難読地名 その9(出典ウイキペディア)
中部(なかっぺ)  - 浜松市天竜区 ※現在は「なかべ」 ※この地の対岸にある駅の駅名は中部天竜「ちゅうぶてんりゅう」
切開(きいなま)  - 浜松市天竜区
両久頭(もろくず)  - 浜松市天竜区
難場道(なんばんど)  - 浜松市天竜区
巻頭(まきほつ)  - 浜松市天竜区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ