平成29年09月19日(火)
ゲートボールの公式戦に初めて参加しました
昨日は台風一過のため朝から太陽が出てすっきりとした気持ちのいい朝を迎えました。
夜中台風の風雨のため、昨日の国分寺市チーム対抗のゲートボール大会は中止かと考えておりましたが1時間遅れで決行されました。
初めての公式試合の参加ということで、緊張したためあまりよい結果は出せませんでした。
もっとも実力がないと言う方が、正しい表現かもしれません。
炎天下に中、午前10時から午後3時までの試合には少々くたびれました。
しかし和気藹々の楽しい一日でした。
また来月、10月の大会が行われます。
実力を蓄えて今度こそ満足のいくプレーが出来るよう、しっかりと練習に励みたいと思います。
それにしても皆さんの馬力には驚かされました。
PAC3、函館に展開へ…北ミサイル落下に備え
読売新聞の記事です。
北朝鮮の弾道ミサイルが2回にわたって北海道上空を通過したことを受け、政府は、ミサイルの飛行ルートに近い北海道函館市に19日、航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を展開させる方針を固めた。
道内に落下するなど万が一の事態に備え、迎撃態勢を整える。
PAC3は、自走式の発射機や管制装置など計5台で構成される。
政府関係者によると、19日朝、北海道八雲町の空自八雲分屯基地を出発し、同日昼頃、約70キロ離れた陸自函館駐屯地に入る予定という。(以下、省略)

飛んでいるミサイルを打ち落とすというのですから、ものすごい技術です。
失敗はないのでしょうか。
北朝鮮は、話し合いの場を設けることは出来ないのでしょうか。
前原氏「連立組めぬ」共産との選挙協力に否定的
読売新聞の記事です。
民進党の前原代表は18日、衆院選での野党共闘について、「政権選択選挙で基本的な理念・政策が一致しないところと協力しても、勝った後に連立を組もうとはならない」と述べ、共産党との選挙協力に否定的な考えを示した。
共産党を念頭に、「あちらも民進党と連立を組むつもりはない」とも語った。
東京都内で記者団の取材に応じた。
民進、共産、生活(現・自由)、社民の野党4党は昨年5月、衆院選での協力で合意。
民進党内では保守系を中心に、安全保障や消費増税など基本政策が大きく異なる共産党との選挙協力に反発が強いが、地方レベルでは協力を深める動きも広がっている。
前原氏は共闘見直しを掲げて代表選に勝利したが、「地域事情を考慮する」とも発言しており、一定程度の協力を容認する可能性もある。
一方、自由、社民両党とは「選挙協力をしていきたい」と述べ、候補者の一本化を進める考えを示した。(以下、省略)

前原氏と枝野氏の考えが大きく違う点の一つです。
地方によっては、共産党との連携を考えているようです。
前原氏がどのようにまとめていくのか、手腕を拝見したいと思います。

福井県の難読地名 その6(出典ウイキペディア)
黒河(くろこ)  - 敦賀市
長沢(ながそ)  - 敦賀市
縄間(のうま)  - 敦賀市
花城(はなじり)  - 敦賀市
莇生野(あぞの)  - 敦賀市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ