平成29年08月19日(土)
昨日は久しぶりに朝方、雨が降っておりませんでした。
その後も午後過ぎ一時雨が降りましたが、少しばかり気温もあがり少し動くと汗をかきました。
午前中、ゲートボールの練習に出かけました。
参加した5人で、プレーをしながら楽しんできました。
残りの4人は相手チームの頑張り屋で、国分寺市内の最強チームです。
我がチームは私一人ですが、相手チームが暖かく指導してくれました。
やはり強いチームは練習をしながら、連携を強めております。
本日も雨は降っておりませんが、どんよりと曇っております。
バルセロナ、連続テロか…死者は計14人に
読売新聞の記事です。
スペイン東部バルセロナ中心部で17日夕、車を暴走させるテロ事件が起き、地元警察によると13人が死亡、100人以上が負傷した。
バルセロナ郊外の町カンブリスでも18日未明、乗用車が歩行者や警察官らに突っ込み、1人が死亡した。
同じ犯行グループによる連続テロの可能性が強まっている。
バルセロナでのテロ前夜の16日には、バルセロナの南西約200キロ・メートルの町アルカナールで住宅が爆発し、1人が死亡した。
スペイン警察は、これらの事件・事故とバルセロナなどでのテロが関連しているとみており、実行犯が爆発物を使った大規模テロを計画していた疑いも浮上している。(以下、省略)

このところテロ事件が各所で起きておりますが、許すことのできない行為です。
おかげで、観光客が減少しているようです。
東京市場、円高・株安進む…バルセロナテロで
読売新聞の記事です。
18日の東京金融市場は、スペイン東部バルセロナでのテロ事件などから、投資家が運用リスクを避ける姿勢を強め、円高・株安が進んだ。
東京株式市場で日経平均株価(225種)の終値は、前日比232円22銭安の1万9470円41銭で、5月2日以来、約3か月半ぶりの安値となった。
投資家のリスク回避の流れはアジア市場にも波及し、香港やシンガポールなどの主要株価指数は軒並み下落した。市場では「テロの影響は一時的とみられるが、トランプ政権の先行き不安は根深い。当面は軟調な展開が続く」(野村証券の美和卓氏)との指摘もあった。(以下、省略)

記事にあるように、テロの影響もあると思いますが、トランプ政権の不安定も要因ではないでしょうか。
米国の株価も下がった降ります。
トランプ氏はいろいろと思い切ったことを宣言しましたが、あれもこれも実現しておりません。
各閣僚も辞退が続いております。
お盆のJR利用客1120万8千人…3年連続増
読売新聞の記事です。
JR旅客6社は18日、お盆期間(10〜17日)の利用状況で、新幹線、特急、急行の乗客が前年比2%増の計約1120万8000人となり、3年連続で前年を上回ったと発表した。
JR東日本は、昨年から祝日となった「山の日」が3連休初日となり増加につながったとみている。
九州新幹線の博多―熊本間は前年比9%増の約33万人と堅調で、JR九州は「熊本地震の影響は収束に向かっている」と分析。
昨年3月開業の北海道新幹線は前年比16%減の約8万人にとどまり、開業効果の反動がみられた一方、2015年3月開業の北陸新幹線は前年比1%増の約28万8000人で2年連続の前年比増となった。(以下、省略)

我が家ではどこにも出かけませんでしたが、結構なことです。
その中で、北海道新幹線が16%減はさびしいことです。
札幌まで延長されると、増加するかもしれません。
新潟県の難読地名 その4(出典ウイキペディア)
五百川(いもがわ)  - 三条市
莇平(あざみひら) - 十日町市
苧島(おのしま)  - 十日町市
城之古(たてのこし)  - 十日町市
勝木(がつぎ)  - 村上市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ