平成29年07月31日(月)
7月が終わります
昨日は朝から雨が降って、ほぼ午前中雨が降り続きました。
そのため読書の一日となりましたが、雨の上がった合間を見て時々ゲートボールの練習をベランダでやりました。
なかなか思うようにはいきませんでしたが、とにかく練習を重ねて体で覚えることがポイントだと思います。
本日は朝から太陽が出ております。
本日で7月も終わりです。
1か月を振り返ってみると、大きな変化はなく平凡に過ごしてきました。
パソコンおよび囲碁のボランティアも定着し、ゲートボールの練習も参加しております。
そのように考えてみると、それなりに有意義に過ごしているようにも思えます。
8月も蒸し暑い日が続くことでしょう。
健康に留意して無駄のない日々を送りたいと思います。
民間ロケット、宇宙届かず…エンジンを緊急停止
読売新聞の記事です。
日本初の民間単独による宇宙空間到達をめざし、新興企業インターステラテクノロジズ(北海道大樹(たいき)町)が開発・製造した小型ロケット「MOMOモモ」(全長約10メートル、重さ約1トン)が、当初予定された29日から打ち上げ時刻を再三延期した末、30日午後、同町の実験場から打ち上げられた。
しかし約1分後に飛行データの送信が途絶えたため、同社はエンジンを緊急停止させ、MOMOは同町沖合約6・5キロ・メートルの太平洋に落下。
初挑戦で宇宙には届かなかった。
同社は2020年頃に重さ100キロ・グラム以下の超小型人工衛星の打ち上げを受注することをめざし、低価格ロケットの開発を進めている。
今回の打ち上げは宇宙空間に届くロケットの技術を得る目的で、2分間エンジンを燃焼させて打ち上げ4分後に最高高度に到達させ、大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロ・メートルを超える計画だった。(以下、省略)

ロケットはいろいろな要素があり、成功するにはどの要素も欠陥は許されません。
失敗を繰り返しながら、営業への道をたどっております。
同じ失敗を繰り返さないように頑張ってほしいと思います。
前原氏、週内にも出馬表明へ…民進代表選
読売新聞の記事です。
民進党の前原誠司・元外相は30日、蓮舫代表の辞任に伴う代表選への出馬表明を、週内にも行う考えを明らかにした。
前原氏は地元の京都市内で「仲間や先輩と相談している段階だが、両院議員総会が終われば、自分の考え方を示したい」と記者団に語った。
蓮舫氏の辞任が正式に了承される8月2日の同総会後、表明する見通しだ。
前原氏は「『こういう社会をつくる』ということを、しっかりやりたいという思いは、むしろ強まっている」とも述べた。
立候補への意欲を改めて示したものだ。(以下、省略)

枝野幸男氏はすでに代表選に名乗りを上げております。
若手の玉木雄一郎幹事長代理も出馬を検討していますが、立候補に必要な20人の推薦人を集めるのは難しいという見方が出ているようです。
神奈川県の難読地名 その6(出典ウイキペディア)
川向町(かわむこうちょう)  - 横浜市都筑区
城古場(ぎこば)  - 横浜市都筑区
砂子(いさご)  - 川崎市川崎区
等々力(とどろき)  - 川崎市中原区
明津(あくつ)  - 川崎市高津区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ