平成29年07月20日(木)
関東甲信地方は梅雨明け宣言
昨日は朝から太陽が出ましたが、時々風があり比較的に過ごしやすい一日でした。
午前中、ゲートボールの練習に出かけましたが、やはり少々くたびれました。
昨日、関東甲信地方は梅雨明け宣言されました。
本日は朝から太陽が出ており、また冷気も漂い気持ちの良い朝を迎えました。
午後より囲碁のボランティアへ伺います。
日韓関係は「未来志向」…文政権5か年計画発表
読売新聞の記事です。
韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は19日、今後の政権運営の指針となる「国政運営5か年計画」を発表した。
日韓関係では歴史問題と安保協力などを切り離す「未来志向」を目指す方針を打ち出し、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意の「再交渉」には言及しなかった。
5月に発足した文政権が、政策を包括的に発表したのは初めて。
このうち日本との関係では、「歴史を直視しながら韓日で未来志向的な協力関係を発展させる」とし、歴史問題と北朝鮮の核・ミサイル問題での協力を分離して対応する方針を示した。
慰安婦問題では「被害者と国民が同意できる解決方法を導き出す」とした。(以下、省略)

慰安婦問題を主題に置くと、日韓関係は前進しません。
とりあえずは慰安婦問題は切り離して、両国にとってプラスになるよう協議を進めてもらいたいものです。
芥川賞に沼田真佑さん、直木賞に佐藤正午さん
読売新聞の記事です。
第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夜、東京・築地の料亭・新喜楽で開かれ、芥川賞に沼田真佑(しんすけ)さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)が、直木賞に佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)が決まった。
共に初の候補での受賞となった。
副賞各100万円。贈呈式は8月下旬に都内で行われる。
沼田さんは、北海道小樽市生まれ。
福岡市の西南学院大を卒業し、塾講師を経て現在は盛岡市に暮らす。
文学界新人賞を今年受賞したデビュー作が芥川賞候補となった。(以下、省略)

芥川賞・直木賞の発表があるたびに、先輩(故人)の言葉を思い出します。
「もっと本を読め」のアドバイスです。
先輩は本が発売されると、直ちに購入し読んでおられました。
本をよく読む人は話題が豊富であり、コミュニケーション能力が抜群です。
私は今もって、安酒を買っても本を買う勇気がありません。
白鵬1047勝持ち越し…御嶽海に寄り切られる
読売新聞の記事です。
結びで御嶽海の出し投げに崩され、寄り切られた。
歴代1位タイの通算1047勝は持ち越し。
御嶽海は新関脇で勝ち越した。
日馬富士も千代翔馬をとったりで退け、給金直し。
高安は土俵際まで玉鷲を追いつめながら反撃を許し、3敗。
豪栄道は宇良を寄せ付けず、6勝で白星先行。(以下、省略)

白鵬のようなベテランでも緊張するようです。
本日はきっと勝つことと思います。
連敗をしないのが白鵬の強みです。
東京都の難読地名 その22(出典ウイキペディア)
砂場(すなっぱ)  - 稲城市
浄海(じょうけい)  - 稲城市
風破井(かざへい)  - 稲城市
光西島(こおせっちま)  - 稲城市
新川端(しんかばた)  - 稲城市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ