平成29年07月08日(土)
昨日も朝から太陽が出て気温も上がり蒸し暑い一日となりました。
午前中は囲碁のボランティアに伺いました。
午後はパソコンに収納してある、写真・動画の整理をしました。
極力、先頭に日付を記し、わかりやすいタイトルをつけるように工夫しましたが、昔のことを思い出すことが困難でありとてもくたびれました。
夕刻近くには庭の菜園を耕し、汗を流すために我が家の風呂に入りました。
本日も朝から太陽が出ており、気温も上がりそうです。
西日本方面の豪雨を思えば、我慢をして凌ぐことができます。
日韓「シャトル外交」再開確認、慰安婦合意は溝
読売新聞の記事です。
安倍首相は7日午前(日本時間7日夕)、ハンブルクで韓国の文在寅ムンジェイン大統領と初めて個別に会談した。
両首脳は未来志向で協力を進めることで一致し、首脳が相互に訪問する「シャトル外交」を再開させることを確認した。
慰安婦問題の日韓合意については、首相が着実な履行を求めたが、文氏は韓国国内で厳しい世論があることを説明し、両国の溝は埋まらなかった。
これに先立ち日米韓3か国は首脳会談を行い、北朝鮮に「最大限の圧力」をかけることなどを盛り込んだ共同声明を発表した。(以下、省略)

シャトル外交を再開することで一致したことは評価されますが、慰安婦問題が根底にある限り深い外交は望めないのではないでしょうか。
とは言っても話し合っているうちに、慰安婦問題も解決してほしいものです。
東京芸大卒の警察官、似顔絵捜査官を目指し奮闘
読売新聞の記事です。
得意な絵で犯人を捕まえたい――。
東京芸術大学出身の警察官が、似顔絵捜査官を目指して日々腕を磨いている。
警視庁多摩中央署の渡部わたなべ慶太巡査長(25)。
刑事だった父に憧れて歩み出した警察官の道で、異色の経歴を犯罪捜査に役立てたいと意気込んでいる。
渡部さんは2015年3月、東京芸大美術学部を卒業。
警察学校で半年間学び、多摩中央署に配属された。
現在は同署永山駅前交番に勤務している。
警察官を志したのは高校時代。警視庁の刑事だった父の背中を見て育ち、採用試験を受けるつもりだった。
だが、その父に「お前には無理だ」と反対された。
進路に迷った渡部さんは、美術部でコンクールに入賞した経験を生かそうと美大の受験を決意
デッサンを1日12時間するなど猛勉強し、1年間の浪人の末に東京芸大に入学した。(以下、省略)

父親に内緒で採用試験を受け採用となったとのことです。
写真よりも似顔絵の方が特徴がよく表現されており、今後が期待されているそうです。
それにしても芸術大学と警官は関係がないように思いますが、これが職業の面白いところです。
東京港のコンテナ内、ヒアリ新たに100匹以上
読売新聞の記事です。
環境省と東京都は7日、東京港大井ふ頭(東京都品川区)で、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」を新たに100匹以上発見したと発表した。
いずれも、今月3日に1匹が見つかったコンテナの内部にいた。
同省などは、ほかにもヒアリがいる可能性があるとして、引き続き調査する。
発表によると、環境省職員らが7日、大井ふ頭で最初のヒアリが見つかったコンテナを詳しく調べたところ、ベニヤ板製の床の上で100匹以上のアリを発見した。
専門家の鑑定でヒアリと確認されたが、女王アリは見つかっていない。(以下、省略)

私は1匹だけではないと思っておりましたので、やはりそうであったかと納得しました。
女王アリもどこかにいるはずです。
徹底的に調査をしてほしいものです。
東京都の難読地名 その10(出典ウイキペディア)
葛飾(かつしか)   葛飾区
鹿骨(ししぼね)  - 江戸川区
棒茅場(ぼうしば)  - 江戸川区(→北葛西)※地名としては消滅。バス停に残る。
谷河内(やごうち)  - 江戸川区
興宮町(おきのみやちょう) - 江戸川区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ