平成29年07月07日(金)
洗車雨(せんしゃう)
昨日は朝から太陽が出て、快適な一日でした。
本日も朝から太陽が出ており、厚くなりそうです。
本日は七夕ですが、洗車雨とは七月六日に降る雨を意味する語だそうです。
七夕伝説において彦星が織姫に会う際に使用する、牛車を洗う水になぞらえているそうです。
ちなみに、本日七月七日の七夕当日に降る雨を「催涙雨」と呼ぶそうです。
これは、 七夕しか会うことの出来ない織姫と彦星が天の川を渡れなくなり、流す涙になぞらえているそうです。
EPA大枠合意で首相「自由貿易の旗掲げる
読売新聞の記事です。
安倍首相は6日午前(日本時間同日夕)、欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)、執行機関・欧州委員会のユンカー委員長と会談し、EUとの経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意に達したと宣言した。
2019年の早い段階での協定発効を目指す。
EU側は全貿易品目で最終的に99%の関税を撤廃する見通しだ。
安倍首相は会談後の記者会見で「日EUが自由貿易の旗を高く掲げる強い政治的意思を示した。
世界へのメッセージだ」と述べた。
首脳声明でも「保護主義に対抗する自由かつ公正な貿易のための戦略的なパートナーシップの基礎となる」と評価した。(以下、省略)

輸出増による日本経済への貢献が期待できそうですが、輸入に対してはどうなのでしょうか。
米国の保護主義の流れに対抗するものですが、うまくいくのでしょうか。
東京港でもコンテナからヒアリ…国内5か所目
読売新聞の記事です。
環境省と東京都は6日、強い毒を持つ南米原産の外来種のアリ「ヒアリ」が、東京港大井ふ頭(東京都品川区)に陸揚げされたコンテナの内部で見つかったと発表した。
発見されたのは働きアリ1匹で、駆除された。
ヒアリが見つかったのは都内では初めてで、国内では兵庫県尼崎市、神戸市などに続き5か所目。
発表によると、コンテナの管理業者が今月3日、大井ふ頭で空のコンテナを点検していたところ、中に体長約4ミリのアリ1匹がいるのを発見。
熱湯で駆除した後、環境省に通報した。
専門家が6日、死骸を鑑定し、ヒアリと確認した。(以下、省略)

ヒアリが東京でも見つかったというのです。
国内では5か所目といいますが、もっと増えるのではないでしょうか。
猛烈な毒をもっているそうです、食べ物がなくても生きているのでしょうか。
東京都の難読地名 その9(出典ウイキペディア)
貫井(ぬくい)  - 練馬区
乗瀦(のりぬま)  - 練馬区
前原(まえっぱら) - 練馬区(→石神井町、東大泉)※交差点に残る。
興野(おきの)  - 足立区
舎人(とねり)  - 足立区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ