平成29年07月03日(月)
ゲートボールのチームに加入しました
昨日は朝方は霧雨でしたが、間もなく上がり「ゲートボール講習会」の終了式が無事に終わりました。
5名全員が修了証を受領しました。
国分寺市にゲートボールのチームが8チームあるようですが、あるチームに加入することにしました。
1週間に4日間も練習をするようですが、私は1〜2日程度参加する予定です。
今朝は曇っておりますが、天気は良さそうです。
屋上の菜園のジャガイモを採取し、小松菜の種を蒔こうと思っております。
都民ファ49勝1敗…1人区・2人区で圧勝
読売新聞の記事です。
都議選ではこれまで、1人区の動向が選挙戦の大勢を左右してきた。
今回選でも、七つある1人区のうち、都民ファーストの会が議席を取れなかったのは島部だけで、同会は公認候補50人中49人を当選させる大勝となった。
1人区を巡っては、2009年に「政権交代」を掲げた当時の民主党が五つの1人区で議席を占めて、54議席を獲得し、第1党に躍進した。
13年の前回選では、逆に自民党が七つの1人区全てを取り返し、第1党に返り咲いた。
2人区では同じ党が2議席を独占するのは難しいが、今回選で15ある2人区のうち、都民ファーストは府中選挙区で公認候補が2議席を独占。
四つの選挙区では、公認候補と推薦した無所属候補が当選を果たすなどして、自民党の議席獲得を阻んだ結果、自民党の歴史的な惨敗に結びついた。(以下、省略)

予想以上の「都民ファーストの会」の圧勝でした。
小池知事の改革を認めたものです。
これからも改革をどんどんと推進してもらいたいものです。
自民党の国政に大きな打撃を与えることになりました。
 
藤井四段、30連勝ならず…佐々木五段に敗れる
読売新聞の記事です。
将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は2日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた竜王戦(読売新聞社主催)の本戦(決勝トーナメント)2回戦で、佐々木勇気五段(22)と対局。
午後9時31分、101手で敗れた。
自身が30年ぶりに更新した公式戦の最多連勝記録は29でストップした。
佐々木五段はスイス・ジュネーブ生まれで埼玉県三郷市育ち。
16歳でプロ入りした若手の実力者だ。
佐々木五段は序盤で作戦勝ちし、そのまま逃げ切った。(以下、省略)

藤井四段がついに敗れました。
勝負の世界は、いつかは負けることがあります。
連敗をしないことが大切です。
東京都の難読地名 その5(出典ウイキペディア)

請地(うけじ)  - 墨田区(→押上)
業平(なりひら)  - 墨田区
亀戸(かめいど)  - 江東区
東雲(しののめ)  - 江東区
碑文谷(ひもんや)  - 目黒区

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ