平成29年05月14日(日)
昨日は朝から雨が降り、結局一日中雨が降り続きました。
沖縄では梅雨入りしたと聞きました。
昨日はゲートボールが中止となり、読書およびパソコンの一日となりました。
本日は曇りですが、昨日来の雨は上がりました。
手術を中止、日産工場も影響…サイバー攻撃の被害広がる
朝日新聞の記事です。
米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を狙った大規模なサイバー攻撃が12日起きた。
「ランサム(身代金)ウェア」と呼ばれるコンピューターウイルスが使われ、被害は欧州を中心に世界約100カ国・地域に広がった。
英国で医療機関が診療ができなくなるなどの被害が出た。
今回の攻撃ではウィンドウズの脆弱(ぜいじゃく)性が狙われた。
電子メールに添付されたファイルを開くなどしてコンピューターが感染すると、内部のデータが暗号化されるなどして使えなくなり、解除するカギ代として、感染したコンピューターごとに300ドル(約3万4千円)相当の仮想通貨ビットコインが要求された。
欧州のほか日本を含むアジア各国も標的になった模様だ。(以下省略)

記事によると、被害が最も深刻だったのは英国で、イングランドとスコットランドの国営医療制度「国民保健サービス」のコンピューターシステムが使えなくなったそうです。
患者情報が閲覧できなくなり、国内最大規模のロンドンの団体は傘下の五つの病院ですべての外来予約の診療を取りやめたとのことです。
予定していた手術の中止や救急搬送先の変更など、各地で大きな影響が出たようです。
米中とは慎重、日本には踏み込んだ対応 韓国・文大統領
朝日新聞の記事です。
韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、10日の就任から12日までに「周辺4強」と呼ぶ日米中ロの首脳との電話協議を終えた。
外交方針で国内世論が割れる米中両国との会談は慎重だったが、日本には慰安婦問題での世論のまとまりを背景に、立場の違いをしっかり伝える踏み込んだ対応をした。
内政を重視した国政運営が、そのまま外交に反映された格好だ。
文氏は10日夜にトランプ米大統領と約30分にわたって協議。
11日正午に中国の習近平(シーチンピン)国家主席と約40分、午後に安倍晋三首相と約25分、それぞれ協議した。
ロシアのプーチン大統領とは12日に約20分協議した。(以下省略)

安倍氏に対しては、慰安婦合意について「韓国の国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れられていないのが現実だ」と指摘したようです。
日本は合意を見直す考えはないようですから、日韓の関係は当分の間悪化が続きそうです。
栃木県の難読地名 その6(出典ウイキペディア)

樅山(もみやま)  - 鹿沼市
小来川(おころがわ)  - 日光市
神鳥谷(ひととのや)  - 小山市
道祖土(さやど)  - 真岡市
真岡(もおか)  - 真岡市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ