平成29年04月27日(木)
昨日は朝から曇って、ほぼ一日中曇りでした。
今朝は雨が降っております。
隣家との境の塀の工事のコンクリートの流しは、本日になるようですが雨が心配です。
ヤマト、一部通販との契約打ち切りへ 採算割れ法人対象
朝日新聞の記事です。
宅配便最大手のヤマト運輸は、通信販売会社との配送契約の一部を打ち切る方針を固めた。
違法な長時間労働が常態化する宅配ドライバーらの負担を軽減するためには、法人客との取引を打ち切ってでも、扱う荷物量を減らす必要があると判断した。
すでに一部の荷主に対し、契約打ち切りの通告を始めている。
荷物量などに応じて適用する運賃の割引幅が大きく、採算割れしている法人客が契約打ち切りの主な対象で、大手の通販会社も含まれる。
契約期間の満了をもって取引を終える方針だ。
ヤマトが昨年度に扱った荷物(約18億7千万個)の数%分の取引が対象になる可能性がある。
9月末までに打ち切り交渉を終え、10月に始める中期経営計画に交渉の結果を反映させる考えだ。(以下省略)

ネットで購入すると、その日に配達をしてくれます。
消費者にとっては助かりますが、これは異常ではないでしょうか。
背景にはネット通販同士の競争があります。
このような多忙な運輸会社を敬遠するドライバーの気持ちもわかります。
財務省幹部に「あの方を愚弄」 籠池氏、土地交渉巡り
朝日新聞の記事です。
森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、学園の籠池泰典氏と財務省幹部の面会の内容が明らかになった。
学園側が残していた録音データを朝日新聞が入手した。
小学校建設のための土地の契約をめぐり、安倍晋三首相の妻昭恵氏らの名前に触れて「早急な対応」を迫る学園側に対し、財務省側は「特例」の取引との認識を示していた。
籠池氏は朝日新聞の取材に応じ、この面会で国有地をめぐるやりとりがスムーズになったと語った。(以下省略)

朝日新聞が録音されたテープを入手したようですが、これは動かすことのできない証拠となります。
これをもとに真相を明らかにしてほしいと思います。
安倍首相の昭恵夫人も、陰でこそこそ言わないで堂々と表へ出て真相を話したらどうでしょうか。
二階氏「言葉の誤解、首取るまで張り切らなくても」
朝日新聞の記事です。
自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内での講演で、東日本大震災をめぐる失言で辞任した今村雅弘・前復興相を念頭に「人の頭をたたいて、血を出したっていう話じゃない。言葉の誤解があった場合、いちいち首を取るまで張り切っていかなくてもいいんじゃないか」と語った。
自らの派閥に所属する今村氏の発言を、擁護したとも受け取られかねない発言だ。
東日本大震災をめぐり「東北で良かった」などとした今村氏の発言は25日夜、報道陣が入った二階派のパーティーで出た。
二階氏は「政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、一行悪いところがあったら『すぐ首を取れ』と。何ちゅうことか。それの方(マスコミ)の首、取った方がいいぐらい。そんな人は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ」と述べ、報道陣の取り上げ方の問題だとの見方を示した。(以下省略)

これは安倍首相に対する恨みもあるようです。
安倍氏と二階氏との関係悪化に至らなければいいがと心配です。
福島県の難読地名 その11(出典ウイキペディア)

関和久(せきわぐ)  - 西白河郡泉崎村
踏瀬(ふませ)  - 西白河郡泉崎村
甲子高原(かしこうげん)  - 西白河郡西郷村
鶴生(つりゅう)  - 西白河郡西郷村
大和久(おおわぐ)  - 西白河郡矢吹町

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ