平成29年04月15日(土)
ゲートボール開校式
昨日も朝から太陽が出て、気温も上がり快適な一日でした。
境界の杭打ちの立ち合いがあり、気持ちの上では緊張しましたが無事に終了しました。
これにより、いよいよ隣家との境界の塀の工事に取り掛かることになります。
本日も朝から太陽が出ております。
朝のラジオ体操は続いております。
本日は、ゲートボールの開校式に参加しますが、毎週土曜日10回講習会が行われます。
逮捕の保護者会長、キャンピングカーに女児連れ込む?
朝日新聞の記事です。
千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)=同県松戸市六実(むつみ)5丁目=の遺体が見つかった事件で、県警は、自称不動産賃貸業の渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=死体遺棄容疑で逮捕=が、自宅近くに止めたキャンピングカーにリンさんを連れ込んだ疑いがあるとみて14日、このキャンピングカーを押収した。
捜査本部は14日朝、渋谷容疑者を逮捕し、自宅近くの駐車場に止めたキャンピングカーと、普段使っていた軽乗用車を押収。
駐車場の管理会社はこのキャンピングカーについて、渋谷容疑者が5年ほど前から契約して止めていたが、「年に何回か動かすかどうかだった」と証言した。
近くの住人の男性は、車内で電気をつけて数時間過ごす渋谷容疑者を見かけることがあったと話した。(以下省略)

会長逮捕という、驚きの結末でした。
知り合いの者が犯人ではないかと思っておりましたが、これでは女児も疑うことなく同行したことでしょう。
黙秘しているようですが、動機は何だったのでしょうか。
辺野古埋め立て着工へ 来週にも護岸工事 政府方針
朝日新聞の記事です。
政府は来週にも、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市辺野古の沿岸部を埋め立てる護岸工事に着手する方針を固めた。
辺野古での埋め立て工事は初めて。
1996年の日米両政府による普天間返還合意から21年を経て、移設計画は大きな節目を迎える。
複数の政府関係者が明らかにした。護岸工事は辺野古の埋め立て予定地を囲む堤防を造るもので、新たに建設する飛行場の一部になる。
大量の石材などが海底に投じられ、原状回復は困難になる。
政府は今年度内にも堤防の内側に土砂を投入する本格的な埋め立てを始める予定で、向こう5年間で工事完了を目指す。(以下省略)

辺野古への移設については賛否両論があり、私がコメントする立場にはありません。
大きな目で沖縄のことを考えると、辺野古への移設はやむを得ないのではないかと考えます。
山形県の難読地名 その6(出典ウイキペディア)

遊摺部(ゆするべ)  - 酒田市
四つ興野(よつごや)  - 酒田市
寒河江(さがえ)  - 寒河江市
梨郷(りんごう)  - 南陽市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ