平成29年03月16日(木)
本当の自分自身の真の心はわからない
昨日は朝方より曇っておりましたが、結局一日中太陽が出ずとても寒い一日となりました。
気温も6℃くらいまでしか上がらず、真冬の気候でした。
そのこともあって、昨日は一日中読書の日となりました。
自分自身の顔や背中は、自分自身の目で確かめることはできない、と言われております。
鏡を使えば見ることはできますが、これは自身の目で確かめたのではないというのです。
確かに鏡で見た自身の顔は、真の顔ではないかもしれません。
と同じように自分自身の真の心(特性、長所、短所、性格など)は、自身ではわからないというのです。
というわけで、他人から自分自身の良い点を見つけてもらうことは、自身の自信につながるのではないでしょうか。
若い方は、「悪い点(短所、努力すべき点)」を友達から教わり自身を磨くのもいいのではないでしょうか。
年老いた私は、良い点だけを聞いて残りの人生をプラス思考で送りたいと思います。 
今朝は晴れており、日中は気温も上がりそうです。
GPS捜査の自粛、警察庁指示 幹部「最も厳しい判決」
朝日新聞の記事です。
GPS(全地球測位システム)端末を使って追跡する捜査はプライバシーを侵害するため、新たな法律が必要だ。
最高裁大法廷が15日に示した判断は、GPS捜査で得た内容を有力な証拠としてきた捜査機関に衝撃を与えた。
一方、新たな捜査技術に歯止めが必要と指摘してきた専門家や弁護士からは、評価の声があがった。
「いくつか想定していた中で、一番厳しい内容だ」。
警察庁幹部は判決を重く受け止めた。
同庁は判決を受け、車両へのGPS捜査を控えるよう全国の警察に指示した。(以下省略)

防犯カメラを使った事件の解明は、現在幅広く活用されております。
これは設置場所が一般に開放されております。
しかし、GPSは特定の人に端末を持たせ、その人を追跡するものです。
個人の行動が丸見えとなりますので、厳しい判決が出ました。
官製春闘、4年目の失速 ベア回答は軒並み前年割れ
朝日新聞の記事です。
今年の春闘は15日に集中回答日を迎えた。
安倍政権が賃上げを呼びかける「官製春闘」も4年目。
自動車や電機など大手企業の経営側は賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)に4年連続で応じたが、引き上げ幅は前年実績を軒並み下回り、この4年間で最低水準となった。
春闘相場をリードしてきたトヨタ自動車のベア回答は、前年実績を200円下回る月1300円。
上田達郎常務役員はこの日の記者会見で「今期は減益予想。来期以降も見通しが難しいなか、従来通りのベアは難しい」と述べた。(以下省略)

私個人は、景気が決してよくなっているとは思いません。
ベア回答が下回るのは当然ではないかと考えます。
働き方改革が検討されており、経営者はベアどころではないのが実情ではないでしょうか。
年金生活者にとっても将来が不安です。
岩手県の難読地名 その10(出典ウイキペディア)

大更(おおぶけ)  - 八幡平市
米内(よない)  - 盛岡市
厨川(くりやがわ) -盛岡市
巣子(すご) -滝沢市

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ