平成29年02月13日(月)
健康の有難さ
昨日も朝から太陽が出て、少しばかり気温も上がり気持ちの良い一日でした。
しかし午後過ぎころより冷たい北風が吹いて、少し寒さも感じました。
日中はもっぱら読書とパソコンでした。
夕刻はスポーツジムで汗を流しましたが、60分間のジョギング・ラニングは少々きつく感じました。
予報では、本日も良い天気となるようです。
毎日変化のない日々が続きますと、飽きを感じて面白くありませんが健康である証拠です。
近隣の奥さんの話です。
その奥さんに昨日、朝方道路の掃除をしていて遇い、再び夕刻スーツジムへ行く途中で遇いました。
昨日外に出たのはこの2回だけです。
その奥さんは3年前に大腸がんの手術をされ、最近他の部位に転移したと聞いておりました。
毎日、健康維持のためと気分転換のために公園を3km歩いておられると聞きました。
その奥さんとは滅多に話をすることはないのですが、昨日は健康の有難さをきかされました。
私に話をして、気を晴らそうとされたのかも知れません。
明るい方ですが、少しばかり寂しさを感じました。
せめて生きているうちは、毎日を有意義に過ごさなければいけないと思いました。
本日は休刊日です。
北海道の難読地名 その5(出典ウイキペディア)

発足(はったり)  - 石狩市、岩内郡共和町 アイヌ語の「ハッタル・ウシ」(淵があるもの)に由来。
花畔(ばんなぐろ)  - 石狩市 アイヌ語の「パナウンクル・ヤソッケ」(川下の衆の漁場)に由来。
幌(ぽろ)  - 石狩市 アイヌ語の「ポロ・クンペッ」(大きい石の川)に由来。
正利冠(まさりかっぷ)  - 石狩市
安瀬(やそすけ)  - 石狩市 アイヌ語の「ヤーソシケ」(網で漁をするところ)に由来。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ