平成29年01月23日(月)
昨日も朝から太陽が出て、無風の温かい一日でした。
義兄の法要も無事に終わりました。
本日も良い天気となりそうです。
白鵬の猛攻、耐えた執念 稀勢の里「勝って横綱」つかむ
朝日新聞の記事です。
この日の昼、初優勝の稀勢の里が第72代横綱となるのが確実になった。
白鵬戦の勝敗にかかわらず、だ。
ただ、勝って横綱になるのと、負けてなるのとでは天と地ほどの差がある。
稀勢の里の巨体を、その思いが支配していたに違いない。
いざ結び。
白鵬は自身の衰えを感じている。
だからこそ、一気に勝負をつけにきた。
大関は左のほおを張られた。
左を差され、土俵際まで寄られた。
横綱渾身(こんしん)のがぶり寄り。
大関は左をのぞかせながら、耐えに耐える。
左が入った。
その左からの投げが、攻め疲れた横綱を土俵にたたきつけた。
必死だったかと問われ、「そんな感じでした。気持ちを引き締めて」と言った。
初優勝を14勝で飾れたことに、「自信になります。我慢して、腐らずやってきて本当によかった」とかみしめるように語った。(以下省略)

白鵬にも勝ってもらいたかったのですが、勝負の世界はそのようにいきません。
稀勢の里の新横綱、今後の一層の活躍を期待しております。
来場所から4横綱となり、相撲も面白くなってきます。
トランプ相場、どうなる? 保護主義の具体策を注視
朝日新聞の記事です。
トランプ氏の就任演説が始まった日本時間21日未明。
ニューヨーク市場では、円相場が1ドル=115円前後から円高ドル安方向に振れ、一時114円20銭台の円高水準となった。
トランプ氏は演説で「新しい道路、橋、空港をつくる」など、インフラ投資や雇用創出に言及したが、具体策が乏しいと受け止められ、ドル買いは進まず、逆にドルが売られた。
ダウ工業株平均の終値は前日より94・85ドル(0・48%)高い1万9827・25ドル。
演説での保護主義的な姿勢への懸念から、一時前日の終値付近となる場面もあった。(以下省略)

さて本日の日本の株式はどのように展開をするのでしょうか。
私はとりあえず株価は低迷するものと予想をしております。
本日の株式が楽しみです。
本日が誕生日
1721年1月23日(享保5年12月26日)〜1785年11月27日 細川 重賢 (ほそかわ・しげかた)【政治家】 〔日本(東京都)〕
1828年1月23日(文政10年12月7日)〜1877年9月24日 西郷 隆盛 (さいごう・たかもり)【政治家】 〔日本(鹿児島県)〕
1904年1月23日〜?年?月?日 三田 庄三郎 (みた・しょうざぶろう)【経営者】 〔日本(東京都)〕 ※三田観光企業 創業者・元社長]
1907年1月23日〜1981年9月8日 湯川 秀樹 (ゆかわ・ひでき)【物理学者】 〔日本(東京都)〕
1929年1月23日〜 鈴木 健二 (すずき・けんじ)【アナウンサー/NHK→評論家】 〔日本(東京都)〕
1952年1月23日〜 太田 幸司 (おおた・こうじ)【野球】 〔日本(青森県)〕

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ