平成29年01月17日(火)
昨日も朝方相当に冷え込みました、外気は氷点下4℃であったようです。
朝から太陽が出て、日中は陽だまりでは暖かく感じました。
今朝も冷え込んでおりますが、昨日の比べて和らぎました。
阪神大震災から22年 遺族らが各地で犠牲者を悼む
朝日新聞の記事です。
6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から22年を迎え、各地で遺族や被災者らが犠牲者を悼んだ。
神戸市中央区の東遊園地では「1・17のつどい」があった。
「1995 光 1・17」の形に並べられた約7千本の竹灯籠(どうろう)に火がともされ、発生時刻の午前5時46分、遺族や市民らが黙?(もくとう)した。
兵庫県西宮市の西宮震災記念碑公園や同県淡路市(淡路島)の北淡震災記念公園などでも被災者らが祈りを捧げた。(以下省略)

あれから22年も過ぎたのでしょうか。
当時の現地の様子を拝見しますと、まるで地獄の世の中のようです。
その後もあちこちで地震による被害が発生しております。
関東地方では、茨木や福島あたりでちょこちょこ地震があります。
地震に対して備えなければいけないと考えながら、我が家では真剣に取り組んでおりません。
退位めぐる特例法案「賛成」は63% 朝日新聞世論調査
朝日新聞の記事です。
朝日新聞社による14、15日の全国世論調査(電話)では、一代限りの退位を可能とする特例法案に「賛成」は63%で、「反対」の27%を大きく上回った。
ただ、特例法案に「賛成」とした人に、法案が成立した場合でも、今後のすべての天皇の退位のあり方について、さらに議論を続ける方がよいと思うかどうか聞くと、「続ける方がよい」は75%に上った。 
特例法案に「賛成」とする人でも、そのうちの7割超が、退位についての議論を一代限りでとどめることには否定的なようだ。
今回の調査ではまず、特例法案には言及せずに、今の天皇陛下だけが退位できるようにするのがよいかどうかを尋ねた。
すると、「今の天皇陛下だけが退位できるようにする」25%に対し、「今後のすべての天皇も退位できるようにする」62%が大きく上回った。
「天皇は退位すべきではない」は6%だった。(以下省略)

私もとりあえず今の天皇に限って即位を認め、今後継続して検討することに賛成です。
なお、天皇の意志を尊重する方向で検討してもらいたいと思います。
 
本日が誕生日
1900年1月17日〜1994年12月19日 細川 隆元 (ほそかわ・りゅうげん)【政治評論家】 〔日本(熊本県)〕
1914年1月17日〜1985年9月20日 川本 泰三 (かわもと・たいぞう)【サッカー】 〔日本(愛知県)〕
1914年1月17日〜1991年11月25日 山田 正彦 (やまだ・まさひこ)【経営者】 〔日本(長野県)〕 ※三協精機製作所 創業者・元社長
1917年1月17日〜1969年6月14日 三浦 光子 (みうら・みつこ)【女優】 〔日本(東京都)〕
1929年1月17日〜2002年6月13日 村田 英雄 (むらた・ひでお)【歌手】 〔日本(佐賀県)〕
1935年1月17日〜1976年1月22日 大久保 清 (おおくぼ・きよし)【犯罪者】 〔日本(群馬県)〕
1939年1月17日〜 寺内 タケシ (てらうち・たけし)【ミュージシャン】 〔日本(茨城県)〕
1962年1月17日〜福 島 敦子 (ふくしま・あつこ)【アナウンサー/中部日本放送(CBC)→NHK→フリー】 〔日本(島根県)〕

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ