平成27年10月06日(火)
今朝は朝から太陽が出ており、一日中良い天気になりそうです。
昨夜11時過ぎ、法事を終え無事に帰宅をしました。
よく飲みよく食べてきましたが、本日からは厳しい現実に戻り再出発です。
早速、明日は仕事が待っております。
人のために、探究一念 大村さん、微生物から贈り物 ノーベル医学生理学賞
朝日新聞の記事です。
人のためになることをしたい――。
ノーベル医学生理学賞に輝いた大村智・北里大特別栄誉教授(80)の原点は、山梨の農家に育った少年時代にあった。
勤勉さと科学への探究心。
多くの人を病から救った半生に、地元や関係者から惜しみない賛辞が贈られた。(以下、省略)

小さい時から相当に苦労をされた方のようです。
都立隅田工業高校定時制の教諭を務めていたとき、生徒の油で汚れた手を見て「もっと頑張らなければいけない」と思ったそうです。
若い時から苦労をして鍛えた粘る強さが受賞の結果となったようです。
酒ばかり飲んでいる私にはとても真似ができません。


 拍手を受けながら記者会見場に入る大村智・北里大特別栄誉教授
=5日午後8時30分、東京都港区、長島一浩撮影
国際協力の日
外務省と国際協力事業団(JICA)が1987(昭和62)年に制定しました。
1954(昭和29)年、国際協力の第一歩として、途上国への技術協力のために国際協力組織「コロンボプラン」に加盟した日で、この日から1週間は国際協力週間となっています。

役所改革の日
1969(昭和44)年、千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができました。
当時の松本清市長の発案で設置され、「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」をモットーに、役所の縦割り行政では対応できない仕事に、すぐ出動してすぐに処理をし、市民の好評を得ました。
この松本清さんはドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者でもあります。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ