平成25年12月10日(火)
 

お通夜
昨日は一日中パソコンのインストールに追われ、少々くたびれました。
いまだ未処理のものが残っております。
夕刻、近隣のおばあさん(93歳)のお通夜に伺いました。
おばあちゃんには子供たちが随分とお世話になりました。
弔問客も多くの方々がお年寄りで、40数年前に互いに語り合った仲間です。
中には、弔問したくとも体が不自由で伺えなかった方もおられることと思います。
かつて私が現職の時、大先輩(確か95歳であったと記憶をしております)が亡くなられました、私は受付を命ぜられました。
大先輩でしたので、弔問客が大勢見えるはずだということでテントを5つ張って(雨を予想して)準備をしました。
ところが当日は大先輩の同僚の多くはすでに死亡されていたこと、また当時の部下であった方々も死亡や足が不自由で参加できなかったこともあり10名程度しか弔問客はありませんでした。
昨夜ふと、このことを思い出しましたが、昨夜は大勢の方々が別れを惜しんでおられました。

街角景気、2カ月ぶり回復 冬のボーナス増に期待感
朝日新聞の記事です。
商店主やタクシー運転手らに景気の実感をたずねた内閣府の11月の景気ウオッチャー調査で、現状の景気を示す指数が53・5と前月より1・7ポイント上昇し、2カ月ぶりの改善となった。
消費増税前の駆け込み需要や冬のボーナスが増えるという期待感から「単価の高い商品の購買意欲が高まっている」(近畿の家電量販店)などの声が多くあがった。
景気の先行きを示す指数も10月より0・3ポイント高い54・8となり、3カ月連続で上昇。
景気判断を「景気は緩やかに回復しつつある」と上方修正した。(以下、省略)
消費税増税の前の駆け込みもあるでしょうが、報道によると景気は回復傾向にあるようです。
株価も上昇しております。
年金生活者には関係ありませんが、ボーナスも増額するようです。
4月以降もこの調子で、明るい方向に進行してほしいものです。
雅子さま、50歳の祝賀行事…沿道の人々に笑顔
読売新聞の記事です。
9日に50歳を迎えられた皇太子妃雅子さまの祝賀行事が、お住まいの東宮御所(東京・元赤坂)で行われた。
この日午前中は、東宮御所で秋篠宮ご夫妻ら皇族方から祝賀を受け、夕方には長女愛子さま(12)とともに皇居・御所で天皇、皇后両陛下にあいさつされた。
車で皇居に入る際、沿道の人々から「おめでとうございます」と声があがると、雅子さまは笑顔で手を振られた。
夜には東宮御所に両陛下らを招いての夕食会が催された。(以下、省略)
雅子様は、療養に入られて今月で10年だそうですが、元気を取戻しつつあるようです。
少しずつ外出をされ、心身ともに回復されることを祈っております。
そして、少しずつでも公務に励んでください
 
誕生日のあいさつのため皇居へ入られる皇太子妃雅子さま(9日午後4時39分、皇居・半蔵門で)=代表撮影

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ