平成25年12月4日(水)
 

昨日も暖かい日が続きました。
小さい地震があった模様で、何だか大地震が来るのではないかと心配です。
本日午後より仕事に出かけますが、本日より4日間連続で出かけます。
このところ穏やかな毎日が続いておりますが、急激に気温が下がるように思います。
「健康第一」、体調を乱さないように注意をしなければいけません。

国際学力調査 「脱ゆとり」が生んだV字回復(12月4日付・読売社説)
読売新聞の記事です。
「脱ゆとり」教育によって、学力がV字回復を果たした。
教育施策を見直した効果が表れたものと言えるだろう。
経済協力開発機構(OECD)が、義務教育修了段階の15歳を対象に、昨年実施した国際学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。
平均得点で見ると、日本は参加65か国・地域の中で、「読解力」と「科学的応用力」が4位、「数学的応用力」が7位だった。(以下、省略)この調査は2000年以降、3年ごとに行われています。
日本は1回目は好成績でしたが、03年と06年の調査では読解力が14、15位に落ち込みました。
今回は、3分野ともに平均得点、順位が上昇したそうです。
文部科学省が08年の学習指導要領改定で、ゆとり教育からの転換を目指し学習内容と授業時間を増やしたことが、成績アップにつながったと考えられております。
有馬元文部大臣が主張した「ゆとり教育」は、間違っていたということになるのでしょうか。

 東日本大震災1000日 仮設を出たい…家が足りない
朝日新聞の記事です。l
廃虚が広がる岩手県大槌町の中心部。
家子(いえこ)不動産のプレハブに11月末、初老の男性が訪ねてきた。
「病弱の妹家族が仮設から一刻も早く出たがっている。中古物件はないか」
チラシでたどる震災1000日
社長の家子和男さん(64)は「今はない。見つかったら連絡するから」。
そう言って、ロッカーに積み上げた申込書は170件を超した。
住宅不足は、深刻さを増している。(以下、省略)
現地では住宅不足で困っているようです。
現地を見学したとき、確かに仮設住宅では互いにプライバシーが気になり、満足した生活が営まれないのではないかと心配しました。
たとえ狭い中古住宅でもいいから、戸建てに住みたいという気持ちはよくわかります。 
15年NHK大河、井上真央さん主演「花燃ゆ」
読売新聞の記事です。
NHKは3日、2015年に放送する54作目の大河ドラマとして、井上真央さん(26)主演の「花燃ゆ」を制作すると発表した。
オリジナル作品で、明治維新で活躍した志士を育てた長州藩の吉田松陰の妹・文ふみの生涯を描く。
脚本は、NHKのドラマ「恋するハエ女」などを手がけた大島里美さんと、連続テレビ小説「甘辛しゃん」などを手がけた宮村優子さん。
大河ドラマで脚本家を2人起用するのは初。
記者会見した井上さんは「勉強しなければならないこともたくさんあるし、責任を持って中心に立って頑張っていきたい」と抱負を語った。(以下、省略)
恥ずかしいことですが、吉田松陰の妹のことは知りませんでした。
兄とどのように関わったのか、またどのような生涯を送ったのか興味があります。
脚本家が2人と言いますが、どのように進めるのでしょうか。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」主演の井上真央さん

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ