平成25年11月7日(木)
 

昨日は比較的に穏やかな一日でした。
午後より仕事に出かけ、帰りがけにスポーツジムの風呂のみに入り午後10時過ぎに帰宅しました。
本日は午後より、二子玉川へボランティアに出かけます。

燃料取り出し準備整う…4号機を報道陣に公開
読売新聞の記事です。
福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料プールから燃料集合体1533本を取り出す作業が今月中に始まるのを前に、東京電力は6日、4号機の原子炉建屋内を報道陣に公開した。
事故時の水素爆発で建屋上部が吹き飛び、鉄骨がむき出しになった4号機の建屋は、約4200トンの鉄骨を使ったカバーできれいに覆われていた。
建屋の上には、燃料を入れた輸送容器をつるすクレーンなどがプールをまたぐように設置され、いつでも作業にとりかかれる状態だ。(以下、省略)
燃料の取り出しの準備が整ったということで公開されたわけですが、これからが大変です。
取り出した核燃料集合体を長期的にどこへどのように保管するか、どのように管理するか、また4号機だけではありません。
廃炉にするまでには、長い道のりがあります。
原発処理に関わる資金の一部を国が負担することなりましたが、東電は黒字だと言います。
どのようになっているのでしょうか。

 
福島第一原発4号機の最上階。がれきが取り除かれ、燃料プールには燃料取り扱い機が設置された=代表撮影


4号機プール内の燃料集合体。爆発によるがれきは取り除かれている=代表撮影
 好調決算、実力以上か? 大手企業、9月中間は大幅増益
朝日新聞の記事です。
円安の追い風に、リストラ効果。
大手企業の中間決算は製造業を中心に好業績が相次いだが、実力ゆえの伸びとは言い切れない。
新興国の景気減速や消費増税といった懸念もある。
賃上げで暮らしが潤うかどうかは、こころもとない。
「まず、円高が修正された効果がある」。
トヨタ自動車の小平信因副社長は6日の記者会見で、「リーマン・ショック前」を上回った決算をこう評した。(以下、省略)
企業は大幅増益と言いますが、我々庶民にはその余波が伝わってきません。
経営者の皆さん、ボーナスを大幅にアップして従業員に渡してください。
従業員の方々は、景気の快復に向けてそのボーナスを有効に使ってください。 
薬事法改正なら政府会議の議員やめる…三木谷氏
読売新聞の記事です。
楽天の三木谷浩史会長兼社長は6日午後開いた記者会見で、政府が発表した一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売の新ルールに関連し、「立法化されたら辞任させてもらうことになる」と、薬事法改正に合わせて、政府の産業競争力会議の民間議員をやめる考えを表明した。
三木谷会長は法改正後に司法の場で争う方針を明らかにした上で、「国を訴える一方、国の議員をやっているのはおかしい」と辞任する理由を説明した。(以下、省略)
薬のネット販売について私はよくわかりませんが、三木氏は本気で怒ったようです。
民間議員を辞めると言います、政府は「どうぞ」という姿勢で臨むことでしょう。
一個人が大きな流れを変えることは難しいと思いますが、今後の変化を見守りたいと思います。

記者会見で今後の対応について話す楽天の三木谷社長(東京都港区で)=竹田津敦史撮影

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ