平成25年11月4日(月)
 

東村山市内を見学しました
昨日は東村山市内を見学しましたが、参加者は13名で私より一回り年上の80歳代の方々でした。
東村山市は歴史があり、詳しく説明をいただいたのでとても勉強になりました。
曇り気味で散策には最適でした。
夕刻には懇親会があり、楽しいひと時を過ごしました。
私もそうですが、皆さんはこの懇親会を楽しみにしておられたようです。
今朝は雨が降っており、一日中天気には恵まれないようです。
本日は「国分寺祭り」ですが、残念です。

正福寺
昨日見学をしたお寺の一つです。
臨済宗建長寺派の古刹です。
弘安元年(1278年)北条時宗の開基されているそうです。
円覚寺舎利殿と並んで日本の禅宗様建築の代表作の遺構であり、都内唯一の木造国宝建造物に指定されているそうです。
堂内の中央に地蔵堂本尊として、木造・金箔の地蔵尊立像(市有形民俗文化財)が安置されております。

 




地蔵堂本尊
   
星野監督、就任3年目でチームを頂点に導く
読売新聞の記事です。
プロ野球の2013年度日本シリーズは3日、日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)で第7戦が行われ、楽天が3―0で巨人を破り、対戦成績を4勝3敗として、球団創設9シーズン目で初の日本一に輝いた。
東日本大震災のあった11年シーズンからチームを率いる星野仙一監督(66)は、就任3年目でチームを頂点に導いた。
最高殊勲選手賞(MVP)には、楽天の美馬学投手(27)が選ばれた。
楽天は序盤に小刻みに得点してリードを広げ、美馬、則本昂大たかひろ(22)、田中将大(25)の3投手のリレーで守りきった。
巨人は5安打と打線が振るわず、40年ぶりの連続シーズン日本一はならなかった。(以下、省略)
私はテレビを観るつもりはなかったのですが、楽天がリードしているというのでついに最後まで観てしまいました。
巨人は残念だったでしょうが、今年の日本シリーズは見ごたえのある試合だったのではないでしょうか。

初の日本一になり、楽天ナインに胴上げされる星野監督(3日、Kスタ宮城で)=飯島啓太撮影


初の日本一になり、嶋(左)と抱き合って喜ぶ田中(3日、Kスタ宮城で)=林陽一撮影


7回から登板した則本(3日)=菅野靖撮影
 優勝セール、楽天市場で開幕 試合終了直後から
朝日新聞の記事です。
プロ野球日本シリーズを楽天が制し、優勝セールにも号砲が鳴った。
球団の親会社が運営するインターネットショッピングモールの「楽天市場」ではネットの利点を生かし、3日夜の試合終了直後に「日本一大セール」がスタートした。
4日からは地元百貨店なども一斉にセールを打つ。
楽天市場のセールは7日午前2時まで。
乗用車や高級バッグ、腕時計などに星野仙一監督の背番号にちなんだ「77%割引き」の商品がある。
広島産のカキや入浴剤など様々な商品を監督の名前をもじった「1001(センイチ)円」で売るほか、福袋もある。(以下、省略)
私は買い物をするつもりはありませんが、77%割引、1001円とはうまく考えたものです。
地元ではいろいろな催しもあるようであり、被災地の方々も大喜びのようです。 

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ