平成25年9月30日(月)
 

ウォーキング
昨日は所用で都心まで出かけました。
天気が適当に晴れて暑くもないし寒くもなく、高田馬場から新宿へ、武蔵小金井から西国分寺へと2回に分けて歩きました。
やはりスポーツジムより、外でもウォーキングのほうが快適です。
合計2時間以上歩きましたので、帰りがけにスポーツジムの風呂に入ってしっかりと疲れを取って帰宅しました。
帰宅後の晩酌がいつもよりおいしく、少しばかり飲みすぎました。

9月が終わります
みなさん、9月は有意義に過ごせたでしょうか。
私は特に大きな変化もなくあっという間に終わったように思います。
ということは健康であったということになりますが、もう少しメリハリのある日々を送ればよかったと反省をしております。
本日は夕刻、ランナウエイ(逃亡者)の試写会へ行ってきます。
9月最後の締めくくりが、映画となります。

 ぜ辞めるのか…堺市長選敗北の橋下氏、続投へ
読売新聞の記事です。
堺市長選で日本維新の会の橋下共同代表が率いる地域政党・大阪維新の会の公認候補が敗れたことを受け、橋下氏は29日、堺市内で記者会見し、日本維新の会共同代表を辞任するかどうかについて「なぜ辞めるのか。また勝たなければいけない」と述べ、大阪維新の会の代表を含め続投する考えを示した。(以下、省略)
落ち目の橋下氏はまだ頑張るようですが、引き際を考えた方が良いのではないでしょうか。
誰しも上り調子のときは何をやってもうまくいきますが、落ち目になるとやることなすことが裏目に出るようになります。
今やめておけば、まだ少しは名が残るのではないでしょうか。
党員から引きずり落とされてからでは、悪名しか残りません。
 
記者会見する大阪維新の会
の橋下代表(29日午後8時
27分、堺市堺区の事務所で)
=原田拓未撮影
福島第一原発5、6号機も廃炉へ…東電社長
読売新聞の記事です。
東京電力の広瀬直己社長は28日、読売新聞のインタビューに対し、福島第一原子力発電所5、6号機を今後は発電所として使わず、事実上、廃炉とする方針を明らかにした。
安倍首相は事故が起きた1〜4号機の廃炉作業を加速するため、2基の廃炉を東電に要請していた。
この結果福島第一原発は全6基が廃炉となる。
広瀬社長は「(5、6号機を)発電所として使うことは全く考えていない」と語った。
その上で「(1〜4号機の廃炉作業に集中する必要があり)今すぐ廃炉作業をするのは無理。1〜4号機にどう活用できるかを考えている。訓練施設として使うのも有力だ」と述べた。(以下、省略)
廃炉は当然のことと思います。
5,6号機を訓練施設として使うということでしょうか。
全廃をして、すっきりした方がトータル的に得なのではないでしょうか。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ