平成25年9月26日(木)
 

昨日は予想以上に雨が降らなくて助かりました。
念のため大きな傘を持参して出勤しましたが、ほとんど使う機会がありませんでした。
本日もあまり天気は良くないようです。

福島県沖の試験操業再開、安全性確認し出荷へ
読売新聞の記事です。
東京電力福島第一原発の汚染水問題で一時中断していた福島県沖の試験操業が25日、約1か月ぶりに再開し、未明に出漁した相馬双葉漁業協同組合(相馬市)所属の21隻が午後、相馬市の松川浦漁港でミズダコやケガニ、キアンコウなど11魚種計5・2トンを水揚げした。
漁業者らは再開を喜ぶ一方、風評被害を心配する声も聞かれた。
水揚げされた魚は、同漁港で放射性物質濃度のサンプル検査を行った。
安全性を確認し、26日から地元のスーパーなどで販売されるほか、仙台市や東京・築地市場にも一部出荷される。(以下、省略)
安全が確認され、平常の作業ができるようになることを祈るばかりです。
いまだ汚染水漏れが続いているのが心配です。
仕事ができないと、人間は腐ってしまいます。

 
福島県沖の試験操業が再開し、水揚げされた魚が箱詰めされた(25日午後、福島県相馬市の松川浦漁港で)=菅野靖撮影
匿名ブログで「復興は不要」 経産省官僚、身元ばれ閉鎖
朝日新聞の記事です。
復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいい――。
2年前、匿名ブログに書き込まれた一文が、ここ数日、インターネット上に広まり、騒ぎになっている。
閲覧者らが身元を割り出し、筆者が経済産業省のキャリア男性官僚(51)であることがばれたためだ。
事態をつかんだ経産省も「遺憾であり、速やかに対応する」として、処分を検討し始めた。(以下、省略)
記事によると、 この男性は経産省の課長などを務めていたようです。
私もブログで言いたいことを述べ、時には政治家を批判するようなことも記述しますが、自分なりに抑えているつもりです。
この男性も個人のブログであるからと、軽い気持ちで書いたものと思われます。
しかし立場上、また内容的にまずかったのではないでしょうか。 
赤ちゃんパンダ、14匹も並ぶと…
読売新聞の記事です。
中国四川省の成都パンダ繁育研究基地で23日、生まれて間もない赤ちゃん14匹がメディアに公開され、愛くるしい姿が話題になっている。
同基地によると、国慶節(建国記念日)の大型連休(10月1〜7日)期間中にも観光客を対象に赤ちゃんを公開する予定という。
パンダの赤ちゃんは7〜8月に生まれ、同基地のパンダは128匹に達している。(上海 鈴木隆弘)(以下、省略)
写真で見ると、まるでぬいぐるみのようです。
現場では臨場感があり、迫力があることでしょう。
基地全体では、128匹もいるようです。
日本ではあまり子宝に恵まれないようで残念です。

中国四川省の成都パンダ繁育研究基地で公開された赤ちゃんパンダ=ロイター

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ