平成25年9月22日(日)
 

昨日も、快晴で素晴らしい一日でした。
本日も良い天気が続きそうですが、日増しに秋の気配を感じます。

JR北、レール幅広がり1年近く放置 脱線事故現場
朝日新聞の記事です。
北海道七飯町のJR函館線で起きた貨物列車の脱線事故で、JR北海道は21日、事故現場のレール幅に基準を超える広がりが昨年10月に見つかっていたのに補修をしていなかったと発表した。
事故の原因になった可能性が否定できず、同社は記者会見で謝罪した。(以下、省略)
1年前に指摘されていたのに補修されないまま放置され、今回の脱線事故につながったようです。
どうしたのでしょうか、忘れていたのでしょうか、予算が無くてできなかったのでしょうか。
いずれにしても、このことはなぜ補修されなかったのか、原因を徹底気に調査をしてもらいたいと思います。

 地上45m、六本木ヒルズの屋上庭園で稲刈り
読売新聞の記事です。
六本木ヒルズ(東京都港区)の商業施設「けやき坂コンプレックス」屋上庭園にある水田で21日、親子連れなど約140人が地上45メートルでの稲刈りを楽しんだ。
約130平方メートルの水田では、ヒルズがオープンした2003年から毎年、ヒルズに在住在勤の人々が交流する場として田植えと稲刈りの体験を行っている。
秋晴れとなったこの日、子どもたちは新潟市から訪れた農家の人たちに教わりながら黄金色に実ったコシヒカリを刈り取った。
小学2年の男児(7)は「最初は力が必要だったけど、だんだんうまく刈ることができた」と満足そうだった。(以下、省略)
これは毎年記事になっておりますので知っておりましたが、このように規模が大きいとは知りませんでした。
我が家でも屋上を利用して野菜を作っておりますが、屋上は平地に比べて虫がほとんど来ないので助かります。
六本木ヒルズには行ったことがありませんので、機会を見て農場を見学してこようかと思っております。
 
六本木ヒルズの屋上庭園で稲刈りを
する子供たち(21日午前、
東京都港区で)=菊政哲也撮影

「火星に生命」可能性低く 大気からメタン検出されず
朝日新聞の記事です。
米航空宇宙局(NASA)は19日、火星の大気からはメタンが検出されなかったとする探査機キュリオシティによる分析結果を発表した。
地球のメタンの多くは微生物が生命を維持する際に生み出したもので、もしあれば火星にも生命が存在する根拠になる。
今回の分析結果で、火星に生命が今も存在する可能性は低くなった。
これまで火星を回る探査機や地球の望遠鏡からの観測で、火星の大気には一定のメタンが含まれるとみられてきた。(以下、省略)
記事を見てがっかりしました。
ただこれは現在生物がいないであろうということであり、過去にはいた可能性が十分にあるものと思われます。
もし過去に生物がいたとすると、突然生きかえるかも知れません。
私は火星に対して、そのような夢を持っております。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ