平成25年9月6日(金)
 

昨日は朝から雨が降っており予報では一日中雨でしたが、午後過ぎあたりから雨は上がりました。
しかし晴れたり曇ったりと、落ち着かない天気でした。
今朝も曇っております。

ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から
朝日新聞の記事です。
NTTドコモは、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種を販売する。
人気が高いiPhoneはKDDI(au)やソフトバンクが扱っている。
ユーザーの流出が続くドコモは、契約数の回復への起爆剤にしたい考えだ。(以下、省略)
スマートフォンの世界はどのようになっているのかわかりませんし、興味もありません。
新機種が出て、若者はどんどんと乗り換えているようです。
ドコモも殿様稼業ではやっていけなくなったようです。

 悠仁さま、7歳に…元気に学校生活送られる
読売新聞の記事です。
秋篠宮ご夫妻の長男悠仁ひさひとさまが6日、7歳の誕生日を迎えられた。
今年4月には、お茶の水女子大付属小学校に進学、宮内庁によると、友達からは「悠仁くん」、教員からは「秋篠宮さん」「悠仁さん」と呼ばれ、新しい友達もでき、元気に学校生活を送られている。(以下、省略)
記事によると、1学期には、運動会、上野動物園への遠足、上級生と一緒に電車に乗ったり、鉄棒に挑戦されたりしたそうです。
虫捕りが大好きで、採集した昆虫は図鑑で調べて分類し、標本にしたほか、天皇、皇后両陛下に見せて虫の話をされたようです。
姉の眞子さま(21)と佳子さま(18)とも仲良過ごされているとのことです。 
 姉の眞子さま(右)、佳子さま(左)と手をつないで笑顔を見せられる悠仁さま(東京・元赤坂の秋篠宮邸の庭で、7月23日)=宮内庁提供  
 姉の眞子さま(右)、佳子さま(左)と縄跳びをされる悠仁さま(東京・元赤坂の秋篠宮邸の玄関前で、8月2日)=宮内庁提供  
 風船を手に笑顔を見せられる悠仁さま(東京・元赤坂の秋篠宮邸の庭で、7月23日)=宮内庁提供  
 風船を追いかけて走られる悠仁さま。右端は佳子さま、奥は眞子さま(東京・元赤坂の秋篠宮邸の庭で、7月23日)=宮内庁提供  
 五輪招致に関わる話題2話
五輪招致「信じる」2020個のキャンドル
読売新聞の記事です。
2020年夏季五輪・パラリンピックの東京招致を願うキャンドルが5日夜、東京都港区の増上寺境内にともされた。
都などでつくる実行委員会が企画。市民ランナーのメッセージが書き込まれた2020個のキャンドルの炎によって、本堂前の階段に「TOKYO 2020 WE BELIEVE」の文字が浮かび上がった。(以下、省略)
決定してからやればいいと思うのですが、そのような消極的な考えではいけないのでしょうか。
 
2020個のキャンドルで描かれた五輪東京招致を願うメッセージ(後方は5色にライトアップされた東京タワー、5日午後6時43分、東京都港区で)=立石紀和撮影
とらぬ五輪の皮算用 建設需要増・旅行者増…当て込む
朝日新聞の記事です。
2020年の五輪開催都市が日本時間の8日未明に決まるのを、産業界が固唾(かたず)をのんで見守っている。
東京に決まれば、幅広い会社の仕事が増えそうだからだ。
株式市場では、当選への期待からすでに関連銘柄が高騰する「捕らぬタヌキの皮算用」ともいえる現象も起きている。
「大規模なプロジェクトの発注が増えるので、大いに期待している」(以下、省略)
確かに東京に誘致されれば、需要が伸びて関連銘柄は利益が上がるかも知れません。
しかしすでに相当に株価は上がっているようであり、今後の値上がりはあまり期待できないのではないでしょうか。
また誘致されなかった場合は、急落をする恐れがあります。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ