平成25年7月18日(木)
 

昨日は朝方雨が降っておりましたが、その後雨は上がり一時太陽が顔を出しました。
晴れたり曇ったりでしたが、午後4時前ころから雨が降り出しました。
今朝も小雨がぱらついておりますが、予報では天気は回復して晴れるようです。
午後より、二子玉川へボランティアに出かけます。

芥川賞に藤野可織さん、直木賞は桜木紫乃さん
読売新聞の記事です。
第149回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に藤野可織ふじのかおりさん(33)の「爪と目」(新潮4月号)、直木賞に桜木紫乃しのさん(48)の「ホテルローヤル」(集英社)が決まった。
副賞は各100万円。贈呈式は8月下旬、東京都内で行われる。(以下、省略)
先輩(故人)は、芥川賞、直木賞に選ばれた本は直ちに購入し読んでおられました。
私によく「本を読め」、と忠告を受けたものです。
本をよく読む人は、話題が豊富です。
読書が苦手な私は、どうしても無口となります。




記念撮影に応じる芥川賞受賞の藤野可織さん(右)と直木賞受賞の桜木紫乃さん=横山就平撮影
 もんじゅ破砕帯、規制委が現地調査を開始
読売新聞の記事です。
原子力規制委員会は17日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)で、原子炉建屋直下の断層(破砕帯)の現地調査を始めた。
新規制基準は、重要施設を建てる地盤に活断層がないことを求めている。
同機構は独自調査で、この断層が活断層である可能性を否定したが、規制委が活断層と認定すると、もんじゅは運転再開できない。
調査は18日までの予定で、すぐに判断が難しい場合、同機構に追加調査を求める可能性もある。(以下、省略)
もんじゅは、夢の原子炉として注目をされているものです。
活断層が認められれば無論廃炉となりますが、もんじゅはそのほかにもいろいろと課題を抱えております。
維持費用も莫大にかかっております。
私の個人的な考えですが、ここで廃炉にすべきではないかと考えます。
 
白木―丹生断層の露頭状況を調査する原子力規制委の調査団(17日午前、福井県美浜町で)=代表撮影

ニフティ、個人情報2万人分流出 外部から不正ログイン
朝日新聞の記事です。
ネット接続大手のニフティは17日、会員2万1184人分の個人情報が流出したと発表した。
14日から16日にかけて、外部から同社のサイトに不正なログインがあり、会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが閲覧されたという。(以下、省略)
プロバイダーの個人情報が盗まれるとは困ったものです。
私も時々ですが、クレジットカードを利用して買い物をしております。
このような事件があるたびに、心配になります。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ