平成25年7月14日(日)
 

本日は内視鏡の日
昨日は日中は薄曇りでしたが、やはり蒸し暑い一日となりました。
午後より汗をかきながら仕事をこなしてきました。
風邪もどうやら治まったようなので、帰りがけスポーツジムで軽く汗をかいてきました。
帰宅後のビールは、活力をよみがえらせてくれました。
今朝は薄曇りですが、日中は暑くなることでしょう。
本日の朝日新聞の記事を読んでいますと、「本日は内視鏡の日」の記事に目が留まりました。
7月14日(内視鏡の日)というのです。
記事の内容は、最近の内視鏡は検査をするばかりではなく簡単な手術もできるのだという記事が紹介されておりました。
私は4年前になりますが、大腸と食道を内視鏡で診てもらったことがあります。
特に異常はありませんでしたが、酒飲みは食道がんが多いと聞いております。
機会があったら、検査を受けようかと思っております。

 出向という名の「追い出し部屋」 退職拒めば過酷な業務
朝日新聞の記事です。
東京都心の高層ビルの一室に、マンション分譲大手の大京の社員十数人が集められている。人事コンサルティング会社のベクトルへの「出向」を命じられた人たちだ。
彼らはそこを「追い出し部屋」と呼ぶ。(以下、省略)
記事を読んでみますと、想像以上に厳しく追い出しをかけられているようです。
私にはとても耐えられないように思いました。
しかし生きていくためには、少々馬鹿にされようがじっと耐えていかなければならない状況が目に浮かんできます。 
「紫のじゅうたん」鮮やか…ラベンダー見頃
読売新聞の記事です。
北海道中富良野町の農園「ファーム富田」で、北国の短い夏を彩るラベンダーが見頃を迎えている。
約6ヘクタールに6万株のラベンダーが植えられ、「紫のじゅうたん」が広がる農園では、観光客が、丘を吹き抜けるさわやかな風と淡い香りにウットリ。
今年は、春先の低温で生育は遅れていたが、気温の上昇とともに、畑は「夏色」に彩られた。
7月末まで楽しめるという。(以下、省略)
「ファーム富田」には伺ったことがありますが、時期が少しずれておりましたので写真のような見事な情景は見ることはできませんでした。
8月の旅行は、「裏磐梯」3泊4日を計画しております。

ラベンダーが見頃を迎えた
北海道・中富良野町(11日)
=鈴木毅彦撮影
 トマトが熟してきました
写真は我が家の庭のトマトです。
2本植えておりますが、ようやく熟してきました。
写真は昨日撮ったものです。
今朝はもっと熟しておりました。
 
こちらはミニトマトですが、
明日あたり食べられ
そうです。


こちらは食べるまでには
もう少しかかりそうです。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ