平成25年6月15日(土)
 

午後から雨が上がりました
昨日も朝から雨が降っておりましたが、午後あたりから雨が完全に上がり蒸し暑くなりました。
農場から、キュウリ、シシトウ、ナスを収穫しました。
トマトも小さな実をつけております。
幸い雨が上がったので、市民プールへ泳ぎに行きましたが蒸し暑かったので気持ちよく泳いできました。
今朝も曇っており、天気は悪いようですが午後より仕事に出かけます。

都議選投票率、参院選控え各党が関心
読売新聞の記事です。
東京は全国最大の無党派層を抱える大票田だ。
最近の都議選は、無党派層の動向によって投票率が大きく変動してきた。
各党は参院選を目前に控え、投票率の行方に大きな関心を寄せている。
民主が大きく躍進した2009年の前回の都議選は、投票率54・49%で、前々回の43・99%を大きく上回った。
その後行われた衆院選より一足早く、民主が自民を上回った。(以下、省略)
国分寺市では、市長及び市会議員の選挙が同時に行われます。
したがって看板が3つ立っております。
当日の天候にもよりますが、アベノミクスの勢いが衰えたこともあり投票率はあまり期待できないのではないでしょうか。
立候補者は懸命で、昨日から早速宣伝カーが走りはじめました。

朝日新聞の記事より2話
取り調べ可視化、骨抜きの恐れ 幅広い例外認める素案

刑事司法改革の最大のテーマである取り調べの録音・録画(可視化)について、適用範囲を著しく狭める可能性の高い素案が14日、公表された。
「捜査に著しい支障が生じるおそれがあるとき」は除外するなど、現在の試行範囲から大幅に後退している。
議論している法制審議会(法相の諮問機関)の部会メンバーからは、厳しい批判が相次いだ。(以下、省略)
この問題は人権や個人情報も絡んでおりますので、公開には制限が必要であると思います。
しかし、取り調べ中の録音・録画はすべて撮っておくべきではないでしょうか。
嘘をつかない、つかせないためには、やはり撮っておいた方が良いのではないかと考えたからです。

ソニー、4K映画を国内配信へ テレビ購入者限定
ソニーの平井一夫社長は14日、朝日新聞のインタビューに答え、インターネットを使って4K画質の映画を配信するサービスを日本で導入する考えを明らかにした。
ソニーの4Kテレビ購入者限定になるという。
またスマートフォンの販売拡大のため、今年度中に米国市場に本格参入することも明らかにした。(以下、省略)
配信はソニー・ピクチャーズの作品が中心であり、専用の受信機が必要になるといいます。
テレビ売り込みのためだそうですが、映画好きな人にとっては朗報かも知れませんが一般の人にとっては疑問です。
私は、現在のテレビ番組で十分です。

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ