平成25年6月10日(月)
 

蚊に刺されました
昨日は朝から太陽が出て日中は気温も29℃くらいまで上がった模様です。
少し蒸し暑く感じる一日となりました。
スポーツジムへ行く前に、珍しく庭の芝刈りをしました。
夢中でやっておりましたので気が付きませんでしたが、3か所蚊に刺されておりました。
蚊に刺されたのは、今年初めてのことです。
我が家の蚊は酒好きのようで、私の体から酒気を発しているのか私を狙ってきます。
いやなシーズンがやってきました。



時の記念日
本日は時の記念日です。
由来など詳しく知りたい方は、下記URLをクリックしてください。
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/258.html

あんず
今年はあんずが豊作でした。
毎日、朝、昼、晩と食べております。
残りが少なくなったので、あわてて写真におさめました。

読売新聞の記事より2話
ウミガメの産卵場所荒らされる、卵食べたのは…
鹿児島県大和村(奄美大島)の国定公園ヒエン浜で、ウミガメの卵が食べ荒らされているのが見つかった。
奄美大島でウミガメの調査をしている奄美海洋生物研究会(興克樹会長)によると、状況からリュウキュウイノシシが食べた可能性が高いという。
同研究会は“犯人”の特定と現状把握のため、ヒエン浜にセンサーカメラを設置した。(以下、省略)
この後の記事を読むと、以前にもイノシシが卵を食べていた様子を確認しているそうです。
イノシシも生きるために必死でしょうが、ウミガメにとっては災難です。
ウミガメが涙を流しながら卵を産み付けるシーンを何度か見ましたが、本当に気の毒に思います。
卵から孵った子カメたちが波打ち際に向かってよちよち歩きをするシーンも感動的です。

 
掘り返され、卵が食べ荒らされたウミガメの産卵場所
 北の湖理事長、還暦祝いの土俵入り…史上9人目
日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)が9日、東京・両国国技館で還暦祝いの横綱土俵入りを披露した。
5月16日に満60歳となった北の湖理事長は、太刀持ちに九重親方(58)(元横綱千代の富士)、露払いに貴乃花親方(40)(元横綱)を従え、優勝回数計77回の豪華な顔ぶれで登場。
赤い綱を締め、雲竜型のせり上がりでふらつく場面はあったが、力強く四股を踏むと、館内から大きな拍手が沸き起こった。(以下、省略)
優勝回数計7回の内訳は、北の海24回、千代の富士31回、貴乃花22回です。
それにしても豪華な顔ぶれです。
相撲界もいろいろと波乱がありましたが、今後ともみんなで精進して頑張ってほしいと思います。
白鵬の優勝回数の更新に注目をしております。
 
還暦を迎え赤い綱を締めて土俵入りを披露する北の湖理事長(9日午後、両国国技館で)=三浦邦彦撮影
 38歳室伏、年齢に打ち勝つ 男子ハンマー投げ19連覇
朝日新聞の記事です。
19連覇の室伏は「一番達成したいのは年齢を重ねても挑戦できることを示し、それを見て頑張ろうと思ってもらえること」。
38歳という年齢に打ち勝った。(以下、省略)
天才的な素質があるとはいえ、38歳で現役優勝とは大したものです。
日頃の鍛錬は続けているようですが、この続けるという根性には敬服します。
一層の活躍を期待したいと思います。 

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ