平成25年6月05日(水)
 

株価が少し戻しました
昨日も朝から太陽が出て、日中は気温も28℃くらいまで上がりました。
夏が近づき、蚊が出てくるようなイメージとなりました。
昨日は株価が少し戻しましたが、NYダウが76ドル下落したようです。
はたして本日の日本の株価はどのようになるのでしょうか。
本日は朝から所用で新橋へ出かけ、その足で午後より仕事に向かいます。
朝から太陽が出ており、本日も暑くなりそうですが、帰宅は夜の10時ころとなります。

ストケシア
我が家の庭にこっそりと咲いている、ストケシアです。
寂しそうですが、暑さの中に堂々と咲いており心に安らぎを与えてくれます。
調べて見ましたら、花言葉は「清楚な娘、」、「追想」、「たくましさ」とありました。


ストケシア
 読売新聞の記事より2話
日本、W杯一番乗り…土壇場PKで豪にドロー
サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選B組で日本は4日、埼玉スタジアムで豪州と対戦。
日本は1―1で引き分け、勝ち点を14として同組2位以上が決定、5大会連続5度目のW杯出場を決めた。日本は本大会一番乗り。(以下、省略)
私はサッカーにあまり興味はありませんが、昨夜は埼玉スタジアムが燃えたようです。
それにしても日本がW杯に出場を決めたことは喜ばしいことです。
 
 前半、コーナーキックから吉田がヘディングシュートを放つも決まらず=源幸正倫撮影  
 前半、ケーヒル(左手前)と競り合いながらヘディングでクリアする今野(4日、埼玉スタジアムで)=里見研撮影  
 後半終了間際、本田が同点のPKを決める(4日、埼玉スタジアムで)=里見研撮影  
 後半終了間際、同点のPKを決めた本田に覆いかぶさって喜びを爆発させる選手たち=里見研撮影  
 W杯出場を懸けた豪州戦で、日本代表の選手たちに声援を送るサポーター(4日、埼玉スタジアムで)=竹田津敦史撮影  
 清水寺本堂、本格修理へ…380年前の再建後初
世界遺産・清水寺(京都市東山区)で近く、「清水の舞台」で知られる国宝・本堂の本格修理が始まる。
柱の腐食部分の交換や屋根のふき替えなどが予定されているが、本堂本体を支える柱が修繕されるのは、380年前の再建以来初めてという。
現在の本堂は1633年(寛永10年)に再建された。
高さ12メートルの崖にせり出すように立ち、ヒノキの床板で覆われた舞台(190平方メートル)を含め、計168本のケヤキの柱(直径最大約75センチ)がある。(以下、省略)
清水寺の舞台には3〜4度くらい立ったことがありますが、その都度柱が腐って舞台が壊れるのではないかと思ったものです。
写真で見ると舞台の後方の柱が腐っているようです。
柱全部を交換するのではなく、下部を切り取って新しい部材に交換する「根継ぎ」が行われるようです。
 
 本格修理が始まる清水寺本堂。「清水の舞台」には多くの観光客が詰めかける(京都市東山区で)=宇那木健一撮影  
 傷みの激しい清水寺本堂の柱。下部を切り取り、新しい部材に交換する「根継ぎ」が行われる=宇那木健一撮影  
 略図  

元へ戻る

日記の目次へ

トップページへ